エポキシ環を有する両親媒性リン酸エステルによる抗体の修飾と抗体保持リポソームの作製 Modification of Antibodies with Alkyl Glycidyl Phosphate and Preparation of Antibody-bearing Liposomes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

二種類のリン酸二水素アルキル (C<SUB>12</SUB>-MAP, C<SUB>16</SUB>-MAP, Fig. 1, 2 を参照) のモノナトリウム塩と 1, 2-epoxy-3-chloropropane (ECP) の反応により, Sodium alkyl 2-hydroxy-3-chloropropylphosphate (C<SUB>12</SUB>-AHCP-Na, C<SUB>16</SUB>-AHCP-Na) を合成した。この二種類の AHCP-Na ともそれぞれの適当なアルコール-水混合溶媒中, 室温で当量の NaOH で処理することにより, 非常に速やかにかつ定量的に, エポキシ環を有する両親媒性リン酸エステルである Sodium alkyl 2, 3 -epoxypropyl phosphate (C<SUB>12</SUB>-AGP-Na, C<SUB>16</SUB>-AGP-Na, Fig. 1 を参照) が生成した。<BR>AGP-Na のエポキシ環と求核剤 (-NH<SUB>2</SUB> および-SH) の反応性を利用する, AGP-Na によるマウス IgG および抗 DNP モノクローナル抗体の修飾反応を行い, 修飾実験後の遊離のアミノ酸の減少より IgG 分子の修飾率を算出した。その結果, 0.05M ホウ酸緩衝液 (pH=9.0) 中で C<SUB>16</SUB>-AGP, C<SUB>16</SUB>-AGP とも抗体の全遊離アミノ基の約15%を修飾した。より疎水性の高い C<SUB>16</SUB>-AGP による修飾前後の抗DNPモノクローナル抗体の活性の検討から, 抗体の修飾前後の活性変化は殆ど無く, 抗 DNP モノクローナル抗体が活性を保持したまま C<SUB>16</SUB>-AGP で修飾されたことが分かった。したがって, C<SUB>12</SUB>-AGP は他のタンパク質修飾剤に比べ非常に良いタンパク質修飾剤と言え, より疎水性の高い修飾剤として抗体保持リポソームの作製に利用できる可能性があることが分かった。<BR>更に, 透析法で C<SUB>16</SUB>-AGP 修飾抗 DNP モノクローナル抗体を活性を保持したままリポソーム表面へかなりの高効率 (修飾抗体使用量の 30%) で導入できた。従来のカップリング剤は反応後, 分離が困難で問題であったが, AGP は水溶液中で分解し, 分離容易な dodecylglycerylphosphate を与えるので, 抗体保持リポソームのより容易な作製が可能となった。

Modification of normal mouse IgG and mouse anti-DNP (dinitrophenol) monoclonal antibody with dodecyl glycidyl phosphate (C<SUB>12</SUB>-AGP) and hexadecyl glycidyl phosphate (C<SUB>16</SUB>-AGP) was conducted by reactions of the epoxy ring of AGP with active hydrogen groups (-NH<SUB>2</SUB> and -SH) of the antibodies in dilute borate buffer solution (pH=9.0). Analysis of free-NH<SUB>2</SUB> groups of the antibodies before and after modification by the TNBS method indicated the -NH<SUB>2</SUB> groups of the antibodies to have undergone modification by approximately 15%. Specific binding affinity of the modified anti-DNP antibody toward DNP was assayed by ELISA. The binding activity of the antibody to DNP molecules could be detected even after modification. AGP is thus shown to be a novel effective modifier for proteins. Antibody bearing liposomes were prepared with the C<SUB>16</SUB>-AGP modified anti-DNP antibody by detergent dialysis. The antibodies introduced onto the surface of liposomes by this method retained their original antigenic specificity and capacity to bind to antigens.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(8), 747-754, 1996-08 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002269657
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4021263
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ