FT-IR分光法による長鎖アルキルアミン塩酸塩-水系の相転移挙動 Phase Transitions Behavior of Long Alkylamine Hydrochloride-Water Systems by FT-IR Spectroscopy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

オクタデシルジメチルアミン塩酸塩 (OHC) およびジオクタデシルメチルアミン塩酸塩 (DOHC) -水系の相転移挙動をフーリエ変換赤外分光法を用いて調べた。OHC系では, コアゲルーゲルとゲルー液晶間の相転移が22℃と50℃で起きた。これに対して, DOHC系ではコアゲルと液晶相は存在したが, ゲル相は存在しないことがわかった。コアゲル相では, メチレン鎖のコンフォーメーションはトランスジグザク構造で, 親水基部は固体状態である。ゲル相では, メチレン鎖は六方晶系でアルキル鎖軸を中心に回転運動しているが, 親水基部は融解状態である。液晶相では, 疎水部と親水基部はともに融解していることが明かとなった。

Thermotropic phase transitions of octadecyldimethylamine hydrochloride (OHC) and dioctadecylmethylamine hydrochloride (DOHC) -water systems were studied by fourier transform infrared spectroscopy. In the OHC system, coagel-gel and gel-liquid crystalline phase transitions occurred at 22 and 50°C, respectively. In the DOHC-water system, coagel and liquid crystalline states were confirmed present but not the gel state. In the coagel phase, methylene chains took on a <I>trans</I>-zigzag conformation with the hydrophilic part remaining in a fixed state. In the gel phase, rotational motion of the methylene chains about the chain axis was noted in the hexagonal lattice, and the hydrophilic part was in a fused state. In the liquid crystalline phase, hydrophobic and hydrophilic parts were in fused states.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(8), 755-759, 1996-08 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002269676
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4021264
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ