新時代に向けたα-トコフェロールの合成 Synthesis of α-Tocopherol for The Next Century

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

以下に示す二つの方法によってα-トコフェロールの合成を行った。最初にルイス酸とブレンステッド酸を用いてトリメチルヒドロキノンと7, 11, 15-トリメチル-3-メチレン-1, 6-ヘキサデカジエンの反応を行った。モデル実験としてミルセンを用いた場合, (+) -10-カンファースルホン酸及び塩化アルミニウム-テトラアルキルアンモニウム=ハライドの系ではFriedel-Crafts反応が進行し, 収率良く目的とするクロマン化合物が得られるのに対し, ジエチルエーテル-三フッ化ホウ素 (1/1) や四塩化スズのようなルイス酸を用いた場合には選択的にスピロ化合物が得られた。次に, 希土類トリフラート, スカンジウムトリフラート及びモンモリロナイトを用いトリメチルヒドロキノンとイソフィトールの反応を検討した。この中でスカンジウムトリフラートとイオン交換モンモリロナイトは高収率, 高純度でα-トコフェロールを与える優れた触媒であることを見いだした。これらの触媒は, 様々な溶媒中で活性であり, また回収, 再利用が可能であった。これらの触媒を用いた合成法は, 環境に優しくまた, 工業規模にも適用できると思われる。

Studies on the synthesis of α-tocopherol have been carried out using the following two routes. First, the reaction between trimethylhydroquinone and 7, 11, 15-trimethyl-3-methylene-1, 6-hexadecadiene was examined in the presence of various Lewis acids and/or Brøonsted acids. In a model reaction using myrcene, (+) -10-camphorsulfonic acid and an aluminium chloride-tetraalkylammonium halide system were found to catalyze the Friedel-Crafts reaction between myrcene and trimethylhydroquinone to provide the desired chroman compound in good yields, while Lewis acids, such as BF<SUB>3</SUB>·Et<SUB>2</SUB>O or SnCl<SUB>4</SUB>, gave predominantly spiro compounds. Next, the condensation reaction of trimethylhydroquinone with isophytol was examined in the presence of several kinds of Lanthanides triflates, Sc (OTf) <SUB>3</SUB>, or montmorillonite. Of these, Sc (OTf) <SUB>3</SUB> and metal ion-exchanged montmorillonite were found to be effective catalysts giving α-tocopherol in excellent yields and purity. These catalysts worked well in various solvents and could be easily recovered and reused. These systems would be friendly to the environment and amenable to industrial-scale synthesis.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(9), 821-831, 1996-09 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  43件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002269751
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4037857
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ