セトウチマイマイのスフィンゴ脂質(第1報)内臓部のセラミドモノヘキソシドとスフィンゴホスホノ脂質 Sphingolipids of Euhadra hickonis. I. Ceramide Monohexosides and Sphingophosphonolipids of Viscera

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 林 陽 HAYASHI Akira
    • 近畿大学理工学部化学教室 Department of Chemistry, Faculty of Science and Technology, Kinki University

抄録

セトウチマイマイ (<I>Euhadra hickonis</I>) の内蔵部より得られたセラミドモノヘキソシド (CMH) とスフィンゴホスホノ脂質 (SPnL) の分析を行った。<BR>セトウチマイマイは動物の分類において有肺亜綱に属し, 進化や生物学的な面においても一般的な陸産の貝である。<BR>アセトンで単純脂質を抽出した後にクロロホルム-メタノール (2 : 1, by vol) で複合脂質を抽出し, 主要なスフィンゴ脂質であるSPnL, ガラクトシルセラミド (Gal-Cer) そしてグルコシルセラミド (Glc-Cer) をケイ酸カラムクロマトグラフ法とホウ酸カラムクロマトグラフ法により分離, 精製した。<BR>精製したスフィンゴ脂質はTLC, FAB/MS, 分解生成物の分析, そして糖, 長鎖塩基, リン, 脂肪酸エステルの定量分析により同定した。<BR>CMHはGal-Cer (53.8%) とGlc-Cer (46.2%) で構成されていた。セラミドアミノエチルホスホネート (CAEP) とセラミド-<I>N</I>-メチルアミノエチルホスホネート (CMAEP) の比はFAB/MSの正イオンモードで約54 : 46, 負イオンモードで約73 : 27であった。この比はトコブシ肉部のSPnLのものと同じである。<BR>非ヒドロキシ脂肪酸とα-ヒドロキシ脂肪酸の比はSPnLで約1 : 1, Gal-Cerで約1 : 9, そしてGlc-Cerで約1 : 1となった。<BR>これらのスフィンゴ脂質の長鎖塩基の主成分はアンテイソ分枝のC19スフィンゲニンであった。セトウチマイマイのスフィンゴ脂質の長鎖塩基組成でもっとも注目すべき特徴は奇数鎖の分枝スフィンゲニンが多量に存在することである。<BR>セトウチマイマイに多量の分枝スフィンゲニンが存在している事実は有肺亜綱と後鯉亜綱との間に密接な関係にあることを示唆する。

Examination was made of ceramide monohexosides and sphingophosphonolipids (SPnL) from the viscera of <I>Euhadra hickonis. E. Hickonis</I> belongs to <I>Pulmonata</I> in animal classification, and is a popular land snail in evolutional and biological respects.<BR>Conjugated lipids were extracted with chloroform-methanol (2 : 1, by vol) following that of simple lipids with acetone. SPnL, galactosylceramide (Gal-Cer), and glucosylceramide (Glc-Cer) as main sphingolipids were separated and purified by silicic acid column and borate column chromatography. The purified sphingolipids were identified by TLC, fast atom bombardment mass spectrometry (FAB/MS), analysis of degradation products and quantitative analysis of sugar, long chain base, phosphorus and fatty acid ester.<BR>The ceramide monohexosides consisted of 53.8% of Gal-Cer and 46.2% of Glc-Cer. The ratio of ceramide aminoethylphosphonate (CAEP) to ceramide <I>N</I>-methylaminoethylphosphonate (CMAEP) was about 54 : 46 in the FAB/MS positive ion mode and 73 : 27 in the FAB/MS negative ion mode. This ratio essentially the same as that for SPnL of sea abalone muscle.<BR>The ratio of non-hydroxy fatty acid to α-hydroxy fatty acid was about 1 : 1 in SPnL, 1 : 9 in Gal-Cer, and 1 : 1 in Glc-Cer.<BR>Main component of long chain bases of these sphingolipids was anteiso branched C19-sphingenine. The most remarkable feature of these bases in <I>E. hickonis</I> was the large amount of oddnumbered branched sphingenine and <I>Pulmonata</I> would thus appear closely related to <I>Opisthobranchia</I>.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(9), 839-847, 1996-09 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  29件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002269808
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4037859
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ