CDM試験による焼き菓子類の酸化安定性の評価 Oxidative Stability Evaluation of Bakery Products by CDM Test

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

市販の焼き菓子類の酸化安定性について, 製品から油脂を抽出することなしに直接CDM試験で測定した。誘導期 (IP) の測定はMethrom Rancimat 679型を用い, 粉末試料43点について測定した。26試料のIPは 50h以内に迅速に測定されたが, 還元糖含有量が多い残りの17試料は, 連続して緩やかに電導率が上昇するため測定できなかった。CDMは焼き菓子類の酸化安定性を相対的に評価できる実用的な方法である。

The oxidative stability of commercial bakery products was computed directly by the conductmetric determination method (CDM) without lipid extraction from the product. Forty-three powdered samples were measured for the induction period (IP) using Methrom Rancimat 679. IP of 26 samples was rapidly determined within 50 h, but that of residual 17 samples with higher reducing suger content could not be measured owing to moderate and continuous increase in conductivity. CDM was a practical method applied to relative evaluation of oxidative stability for the bakery products.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(9), 879-883, 1996-09 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002269906
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4037865
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ