多疎水鎖多親水基型イオン性界面活性剤の合成と物性 Synthesis and Properties of Multiple-chain Surfactants Bearing Multiple Ionic Head Groups

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 中辻 洋司 NAKATSUJI Yohji
    • 大阪大学大学院工学研究科分子化学専攻 Department of Applied Chemistry, Faculty of Engineering, Osaka University
    • 池田 功 IKEDA Isao
    • 大阪大学大学院工学研究科分子化学専攻 Department of Applied Chemistry, Faculty of Engineering, Osaka University

抄録

二つまたは三つの親水基をもつ二鎖あるいは三鎖型界面活性剤(スルホン酸塩,硫酸エステル塩,リン酸エステル塩,カルボン酸塩,アンモニウム塩,タウリン型)を汎用法に準拠して合成し,その界面物性を対応する一鎖一親水基界面活性剤と比較した。前者は後者に比して,はるかにミセル形成能,表面張力低下能に優れ,水溶性も良好であった。これらの知見は分子内及び分子間相互作用の違いから合理的に説明できる。二つあるいは三つの一鎖一親水基型界面活性剤を単に適当な連結基で束ねるという本構造修飾法は,界面活性剤の分子設計に極めて有用と思われる。

A variety of double-chain or triple-chain surfactants with two or three ionic head groups such as sulfonate, sulfate, carboxylate, phosphate, ammonium, and taurine were prepared according to conventional synthetic procedures and their surface properties were compared with those of the corresponding single-chain surfactant with one ionic group. The former showed much better micelle forming ability, ability to lower surface tension and solubility in water than the latter. These findings are reasonably explained by considering the change in the intra- and intermolecular interactions. This method, which simply combines two or three single-chain surfactants using an appropriate skeletal structure, should be useful for the molecular design of surfactants.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(10), 933-937, 1996-10 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002270075
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4068249
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ