フッ素系高分子界面活性剤 Fluoroalkylated Oligo-Surfactants

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

過酸化フルオロアルカノイルを合成中間体とした一連のフルオロアルキル基含有オリゴマー類の合成およびその性質に関して解説を行った。フルオロアルキル基含有アクリル酸,ノニオンおよびカチオン系オリゴマー類の合成方法を紹介した。これらフルオロアルキル基含有オリゴマーにおいて,特にフルオロアルキル基含有アクリル酸,ノニオンおよびカチオン系オリゴマーは,一般に水以外に,メタノール,エタノール,ジメチルスルホキシド,ベンゼン,トルエンに可溶となることが示された。これらフルオロアルキル基含有オリゴマー類は非常にユニークな構造,すなわちフルオロアルキル基がオリゴマー鎖の両末端のみに置換した構造をしており,この点から二鎖型の界面活性剤と見なすことができる。これらオリゴマーは,フルオロアルキル基に起因した優れた表面活性,すなわち表面および界面張力を著しく低下させることができ,さらには消泡性等の性質をも有する<BR>フルオロアルキル基含有アクリル酸ホモおよびコオリゴマーは<I>in vitro</I>の系において有用な抗エイズ活性を示すことが見いだされた。さらに,フルオロアルキル基含有カチオン系オリゴマー類は抗菌活性を示すことが見いだされた。従って,これらフルオロアルキル基含有アクリル酸およびカチオン系オリゴマー類は,フッ素に起因したユニークな性質以外に,抗エイズ活性あるいは抗菌活性等の性質を有した新しい機能性材料として種々の分野へ幅広く展開させることができる。

Synthesis and properties of a series of fluoroalkylated oligomers by using fluoroalkanoyl peroxides have been reviewed. The synthetic methods of fluoroalkylated acrylic acid, nonionic, and cationic oligomers were illustrated. These fluoroalkylated oligomers, in particular, fluoroalkylated acrylic acid, nonionic, and cationic oligomers were in general shown to become soluble not only in water but also in common organic solvents such as methanol, ethanol, dimethyl sulfoxide, benzene and toluene. These fluoroalkylated oligomers have quite unique structure that fluoroalkyl groups are substituted only on the both terminals of oligomer chain, and can be regarded as double-chain type surfactant. They exhibit excellent surface active properties attributable to fluoroalkyl groups, such as quite low surface and interfacial tension, and anti-foaming property, and so on.<BR>Fluoroalkylated acrylic acid homo-and co-oligomers were demonstrated to exhibit a potent anti-HIV-1 activity <I>in vitro</I>. Furthermore, fluoroalkylated cationic oligomers were found to have an antibacterial activity. Therefore, these fluoroalkylated acrylic acid and cationic oligomers have been widely applicable to various fields as the novel functional materials which possess both a unique property imparted by fluorine and an anti-HIV-1 or antibacterial activity.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(10), 939-949, 1996-10 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  58件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002270098
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4068250
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ