化学分解性界面活性剤の合成と物性 Synthesis and Properties of Chemically Cleavable Surfactants

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

化学分解性界面活性剤の最近の研究について総説した。アセタール結合をもつ界面活性剤は酸性水溶液中で容易に加水分解する。このような界面活性剤は乳化,分散や洗浄のような所期の用途に使用後,酸を添加することによってその界面活性を失う。乳化系での有機合成や重合の後,この界面活性剤の失活処理をすれば生成物の収量や純度の向上をもたらす。さらに,所期の用途に使用後,界面活性剤を含む廃水を酸処理すれば油水分離によって大部分の有機物が簡単に除去できる。これらの界面活性剤はカルボニル化合物とポリオールやエポキシドとの反応とそれに続くケン化,硫酸化,スルホン化,エトキシ化や第四級化によって合成される。一般に,このタイプの中ではアニオン界面活性剤が最も容易に加水分解される。他の化学分解性界面活性剤についても述べた。

Recent studies of the synthesis and properties of chemically cleavable surfactants are reviewed. Surfactants bearing acetal-linkage are easily hydrolyzed in acidic aqueous solution. These surfactants lose the surface active properties by addition of acid after expected usage such as emulsification, dispersion and cleaning. The treatment of inactivation of surfactants gives the improvement of the yield and purity of product after organic synthesis and polymeriztion in emulsion system. Moreover, most of organic materials can be easily removed from waste water containing these surfactants by oil-water separation technique after expected usages. These surfactants are synthesized by the reaction of carbonyl compounds with polyols or epoxides, followed by saponification, sulfation, sulfonation, ethoxylation and quaternization. Generally, anionic surfactants are hydrolyzed most easily. Other chemically cleavable surfactants are also described.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(10), 975-989, 1996-10 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  60件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002270285
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4068253
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ