バイオサーファクタント Biosurfactant

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

微生物により産生されるバイオサーファクタントは,従来,化学的に合成されている界面活性剤とは異なったユニークな化学構造と界面活性,優れた生分解性,低毒性および生物活性などの特性を有しているので,資源,環境,安全をコンセプトとする次世代の工業資源として注目されている。<BR>本総説では工業的に生産され実用化が進められている代表的なバイオサーファクタントの研究開発の現状を概説するとともに,多塩基酸型脂肪酸系バイオサーファクタントの洗浄剤としての特性を汎用合成界面活性剤および脂肪酸セッケンと比較検討し評価している。

The microbial biosurfactants produced by microorganisms have been attracting the interest as the new functional and ecological material since they have the special properties such as a wide variety of possible structures, highly biodegradable, low toxicity and biological activity. Microbial bissurfactants surveyed here and the properties of polycarboxylic biosurfactant as detergent such as surface activity, calcium binding capacity, and detergency is summarized in comparison with those of commercially available synthetic detergents and soaps.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(10), 1013-1021, 1996-10 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  45件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002270427
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4068256
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ