非イオン界面活性剤系の相平衡の制御 Controlling Phase Behavior in Nonionic Surfactant System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ポリオキシエチレン系非イオン界面活性剤の相挙動は,温度の影響を大きく受ける。HLB温度と呼ばれる温度で非イオン界面活性剤は,ミドル相マイクロエマルションを含む3相領域を形成する。このとき,界面活性剤の可溶化能力は最大になり,各相間の界面張力は極めて低下し,さらに乳化型が転相することが知られている。混合界面活性剤系でのHLB温度は,3相領域の挙動を解析することで説明され,市販されている界面活性剤のHLB値はHLB温度から計算することができる。また,最大可溶化力に及ぼす界面活性剤の混合効果について述べ,最後に,生体適合性界面活性剤であるショ糖脂肪酸エステルの特長ある相挙動についても述べる。

Phase behavior of polyoxyethylene-Type nonionic surfactant is highly influenced by temperature. At the particular temperature called HLB temperature, nonionic surfactant forms a three-phase region containing middle-phase microemulsion or surfactant phase. Maximum solubilization, ultralow interfacial tension, and phase inversion in emulsions take place at the HLB temperature. The HLB temperature in a multi-surfactant system is explained by analyzing the three-phase behavior. HLB number of commercial surfactant can be calculated from the HLB temperature. The effect of mixing nonionic surfactant on the maximum solubilization power is discussed. Finally, the unique phase behavior of biocompatible sucrose alkanoate is also described.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(10), 1053-1061, 1996-10 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  32件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002270606
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4068261
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ