界面活性剤会合体系の中性子小角散乱法による解析 Small-angle Neutron Scattering Analysis of Self-Assembly in Surfactant Systems

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

中性子小角散乱法の概要と界面活性剤会合体系への応用例について解説した。小角散乱法は数10から数100Åのディメンジョンを有する構造調査に有力な手法であるが,ミセル会合体系に関しては,ミセル粒子の大きさと形,溶液構造,粒子間相互作用,相挙動などに関する情報を定量的に与える。特に中性子小角散乱法では同位体元素を用いるコントラストバリエーション法が可能となり,X線小角散乱法では困難な粒子の内部構造や部分構造を知ることができる。種々の界面活性剤ミセルおよび高分子ミセルの構造解析への最新の応用例を紹介した。

The principle of small-angle neutron scattering (SANS) technique and its applications to surfactant systems were reviewed. SANS is a very powerful tool to study the structure of the order of about 30 to 300Å. By SANS, many information about micellar systems such as size and shape of the micelle particle, solution structure, intermicellar interaction, phase behavior, <I>etc</I>. can be obtained depending on the measuring condition. The contrast variation method using isotopes, which is a characteristic of SANS, gives us a detailed information of inner and partial structures of scattering particles which SAXS can not give. Recent applications of SANS to various surfactant micelles and polymer micelles were briefly reviewed.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(10), 1087-1097, 1996-10 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  38件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002270753
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4068264
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ