固体表面へ吸着した界面活性剤分子の吸着状態と表面状態 Adsorption States and Surface Conditions of Surfactants on Solid Surfaces

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本総説では固体表面に吸着したイオン性界面活性剤の吸着層の状態や吸着様式に関する最近の研究成果を概説する。特にナノスケール領域での<I>in situ</I>観察に関する研究例に着目して紹介する。イオン性界面活性剤分子が極性固体表面に吸着した場合,その吸着分子は固体表面との間に働く相互作用に加え,吸着分子間にも相互作用が働く。これらの相互作用の釣り合いのもとで吸着分子は種々の凝集構造を固体表面で形作る。吸着分子の凝集体の構造や様子についての報告例を原子間力顕微鏡など最近開発された測定手段を交えて紹介する。

This review describes recent developments in the characterization of the adsorbed layer and the adsorption feature of ionic surfactant molecules on solid surfaces. Attention was especially paid to the nano-scale and <I>in situ</I> measurements. The ionic surfactants adsorbed on polar solid surfaces, <I>e.g.</I>, silica and mica, interact with both the solid surface and adsorbed molecules each other. Therefore, various structures of aggregate form on the solid surface based on the contribution of these interactions. The information about the structure and the feature of the aggregated ionic surfactants on the solid surface is reviewed together with the newly developing experimental techniques, especially focused on scanning force microscope.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(10), 1099-1106, 1996-10 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  61件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002270792
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4068265
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ