リポソームの表面修飾 Surface Modifications of Liposomes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

リポソームは特定の細胞や組織に薬物を送達する最も有効なキャリヤーとして認識されている。しかしながら,未解決の問題は多く,そのひとつに以下の問題がある。<BR>「細網内皮系組織を回避して生体内において,標的組織にリポソームを集積できるのであろうか?」<BR>表面化学的アプローチによりこの問題の解決を試みた。リポソーム表面外側の固定水層をリポソーム膜に組み込んだポリエチレングリコール脂質誘導体により形成させる。そして,固定水層の厚さ(FALT)を測定したところ,PEG修飾化によりリポソームのFALTは増加し,RES回避能はこのFALTに依存していることが明らかとなった。本総説では,リポソームの安定性,FALT測定,組織分布性,薬理作用と安全性について記述した。

Liposomes are recognized as the most potential drug carrier to a specific cell or tissue.<BR>One of the major problems still remaining unsolved is the question, "is it possible to accumulate liposomes to some target in the body avoiding reticuloendothelial system (RES)?". Intentional surface chemical approaches were required for solving this problem. Fixed aqueous layers outside the surface of liposomes were formed by, <I>e.g.</I>, incorporating polyethyleneglycol (PEG)-lipid into the liposomal membrane. The fixed aqueous layer thickness (FALT) was determined. FALT increased by PEG-modification and RES avoiding was dependent on FALT.<BR>In this review, some recent papers on sterically stabilized liposomes, their FALT determination, their biodistributions, their pharmacological effects and their safety will be presented.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(10), 1125-1132, 1996-10 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002270938
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4068269
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ