香粧品における界面活性剤の応用 Application of Surfactants in Personal Care Products

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

香粧品における界面活性剤は洗浄用途とスキンケア用途に大別される。シャンプーにおける界面活性剤の応用はマイルドな界面活性剤の開発とコンディショニング効果の付与が大きな流れになっている。更にどの素材を組み合わせるかによって大きく性能が異なることから配合組成が重要となる。リンスではカチオン性界面活性剤が毛髪に吸着残留してはじめて機能を発揮することから,機能開発の指針も毛髪への吸着残留性並びに毛髪表面物性をいかに変化させるかという視点で応用開発が進んでいる。スキンケア化粧料では高機能化が求められ,様々な有効成分を安定に分散させるための界面活性剤の選択が重要になってきた。さらにリポソームや液晶のように生体類似の高次構造体からなる新しい製剤の開発も行われている。

The use of surfactants in personal care products falls into two categories: hair care (cleansing) and skincare. In hair-care, two different developments are apparent: the search for mild surfactants and for conditioning agents. Also, the combination of surfactants with other ingredients can result in special characteristics of shampoos. Since the development of rinses, which employ cationic surfactants that adhere to hair, researchers try to improve the surface treatment of hair.<BR>In skincare, highly functional ingredients require new surfactants. In addition, surfactants that allow the formation of highly structured complexes such as liposomes or liquid crystals, which resemble natural structures, are being developed.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(10), 1133-1143, 1996-10 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  48件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002270962
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4068270
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ