建設分野における界面活性剤の利用 Use of Surface-Active Agents in Construction Industry

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

化学混和剤として界面活性剤は,フレッシュコンクリートの性質を改善するために,コンクリート工業で広く用いられている。混和剤を導入することによって,低含水量での高強度コンクリートの使用が一般的になり,コンクリート構造物の信頼性が極めて向上した。最も一般的に用いられている混和剤は,(1)コンクリートの所要水量を減少させ,または凝結を遅らせるための,あるいは両方の作用を持つ,混和剤[リグニンスルホン酸,ヒドロキシルカルボン酸,炭水化物,ポリオール,およびこれらの塩が含まれる]であり,他の1つは(2)混合中のフレッシュコンクリートに小さな空気の気泡を系統的に導入するためのAE混和剤[アニオン性の界面活性剤が入る]である。近年には,高性能AE減水剤と呼ばれる新しい型の減水剤が開発された[これには,ナフタリンスルホン酸,特殊なリグニンスルホン酸,ポリカルボン酸がある]。高性能AE減水剤は普通の減水剤より2倍も効果がある。

Surface-active agents as chemical admixtures are widely used in concrete industry to improve the properties of fresh concrete. By the introduction of admixtures, the use of high strength concrete with low water content became popular, and the durability of concrete structures was largely improved. The most frequently used admixtures are (1) water-reducing and setretarding admixtures to reduce the water requirement of concrete or retard the set, or both [these include ligninsulfonic acid, hydroxylcarboxylic acids, carbohydrates, polyols, and the salts], (2)air-entraining admixtures to introduce a system of small air bubbles into the fresh concrete dung mixing [these are anionic surface-active agnets]. A new group of water-reducing admixtures, termed superplasticizers, has been introduced in the last few years [these are naphthalenesulfonic acid, specific ligninsulfonic acid, and polycarboxylic acid]. They are about twice as effective as the conventional admixtures.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(10), 1169-1177, 1996-10 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002271118
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4068273
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ