界面活性剤の水環境への影響 Aquatic Toxicology and Chemistry of Some Surfactants

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

界面活性剤は家庭用合成洗剤の主要成分である。河川水中から何種類かの界面活性剤がしばしば検出されるため,これらの界面活性剤の水環境への影響が米国,ヨーロッパや日本で議論されてきた。この論文ではアニオン界面活性剤について,環境汚染のモニタリング,環境中での運命,急性毒性・慢性毒性・致死濃度以下での毒性と環境リスク評価についてレビューを行った。日本では家庭排水が十分には処理されていないために,報告された急性毒性と慢性毒性の値は河川水中のLASの濃度レベルの悪いほうのケースとオーバーラップし,十分に安全であるとは言えなかった。そのほかの界面活性剤の環境安全性については,河川での汚染濃度もまた慢性毒性データも不充分であることから,最近の研究を紹介するにとどめた。界面活性剤のライフサイクルアセスメントの事例も紹介した。

Surfactants are one of the major components of detergent or household cleaning products. Several are commonly found in river waters and consequently, their impact on the aquatic environment has been discussed in the U.S.A, Western Europe and Japan. This paper reviewed the studies on the environmental monitoring, environmental fate, acute, chronic and sublethal toxicity, and environmental risk assessment of anionic surfactants. The reported acute and chronic toxicity data overlapped with some worse case of LAS environmental concentrations in rivers in Japan for a lack of adequate treatment of household gray water. Aquatic safety of other surfactants was considered preliminary and limited until validated with corresponding exposure measurements and chronic toxicity data for test species. Life-Cycle Assessment on surfactants was also reviewed.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(10), 1189-1199, 1996-10 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  65件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002271209
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4068275
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ