コレステロール分子系の集合形態と認識機能 Aggregation Properties and Recognition Functions of Cholesterol-Based Molecular Systems

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

コレステロールは分子間相互作用による自己会合性を有していることから, 環境を反映した集合体を容易に形成する。本総説では, クラウンエーテル, ボロン酸, アゾベンゼンのコレステロール誘導体を液晶, ゲル, 水面単分子膜として用いたときの会合挙動と認識機能について述べた。

Since cholesterol derivatives easily form supramolecular aggregation systems, they can serve as a versatile platform on which devices capable of molecular recognition, can be built through environmental amplification. In this article, aggregation properties and recognition functions of three different types of cholesterol derivatives containing crown ether, boronic acid and azobenzene are discussed in relation to there supramolecular systems such as liquid crystals, gels and monolayers at the air-water interface.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(11), 1227-1238, 1996-11 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  55件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002271275
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4087598
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ