Fundamental Properties of Amphoteric Surfactant 3-(N'-Acyl)-aminopropyl-N, N-dimethyl-N-carboxymethyl Betaine

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ペプチド構造を有する3- (<I>N'</I>-アシル) -アミノプロピル-<I>N</I>, <I>N</I>-ジメチル-<I>N</I>-カルボキシメチルベタイン型両性界面活性剤は容易に加水分解して生分解されるため, 水質保全の見地から有用な界面活性剤である。単体系でのcmc, 表面張力, 起泡力, 浸透力, およびTiO<SUB>2</SUB>表面への吸着など物理化学的性質や生分解性及び抗菌性などの測定を行い, 混合系では起泡力および表面張力を測定した。3- (<I>N'</I>-アシル) -アミノプロピル-<I>N</I>, <I>N</I>-ジメチル-<I>N</I>カルボキシメチルベタインはセッケンと混合ミセルを形成して, 特に前者と後者の重量比1/9においては相乗効果により表面張力は低下し, 起泡力が向上した。TiO<SUB>2</SUB>共存下のζ電位はpH6で極小, pH8付近で極大を示し複雑な挙動を示す。大腸菌並びに腸球菌の平板法による最小発育阻止濃度 (MIC) は, アミドプロピル基の導入によりさらに高められ, 環境への影響が少ない。

A new amphoteric betaine-type surfactant of 3- (<I>N'</I> -acyl) -aminopropyl-<I>N</I>, <I>N</I>-dimethyl-<I>N</I>-carboxymethyl betaine (C<SUB><I>n</I></SUB>-APNB) was prepared, whose biodegradation and hydrolysis pose no environmental problems. The physicochemical properties and surface activities such as critical micelle concentration (cmc), surface tension, foaming power, sedimentation and surface potential (adsorption) of TiO<SUB>2</SUB> particles in the presence of the surfactant were measured and biodegradability and antimicrobial features were also evaluated. The mixed system of C<SUB><I>n</I></SUB>-APNB with soap exhibited synergistic effect on surface tension and foaming power at a weight ratio of 1 : 9. Antimicrobial activity forward <I>Escherichia coli</I> and <I>Enterococcus</I> was weakened by the introduction of an amidopropyl group and effects on the aquatic environment were minimized.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(11), 1239-1246, 1996-11 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002271331
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4087599
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ