Bacillus sp. 由来のホスホリパーゼCによる大豆リン脂質の加水分解 Hydrolysis of Soybean Phospholipids by Phospholipase C from Bacillus sp.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ホスファチジルコリン (PC), ホスファチジルエタノールアミン (PE), ホスファチジルイノシトール (PI), ホスファチジン酸 (PA) から構成される大豆リン脂質に対する<I>Bacillus</I> sp.由来のホスホリパーゼCの加水分解性を種々の条件下で検討した。<BR>ジエチルエーテルとリン酸緩衝液から成る2層の反応系ではPCが最も加水分解され易く, 続いてPE>PI> PAの順であり, 水系ではPIが優先的に加水分解され, 続いてPC>PE>PAの順であった。<BR>水系において, PCとPEの加水分解はトリス-塩酸緩衝液よりもリン酸緩衝液中で起こりやすかったが, PI の加水分解では2種の緩衝液間の差が小さかった。PAは最も加水分解され難い基質であった。<I>Bacillus</I> sp.由来のホスホリパーゼCを用いたジエチルエーテル-リン酸緩衝液の2層系加水分解反応はリン脂質混合物からPIを濃縮する簡便・迅速な方法として利用できるものと考えられた。

The hydrolysis of soybean phospholipid comprised of phosphatidylcholine (PC), phosphatidylethanolamine (PE), phosphatidylinositol (PI) and phosphatidic acid (PA) by a phospholipase C from <I>Bacillus</I> sp. was studied under various conditions.<BR>Phospholipase C hydrolyzed preferentially PC, followed by PE>PI>PA in a biphasic reaction system of diethyl ether-phosphate buffer, while in aqueous systems, it hydrolyzed preferentially PI, followed by PC>PE> PA.<BR>PC and PE was hydrolyzed more easily in an aqueous system with phosphate buffer at pH 7.0 than with Tris-HCl buffer at pH 7.5, while the hydrolysis of PI showed a little difference between the two buffers. PA was the most difficult to be hydrolyzed in the phospholipid mixture used.<BR>The hydrolysis in the biphasic system of diethylether-phosphate buffer by phospholipase C from <I>Bacillus</I> sp. would appear to be a simple and rapid means for concentrating PI from a phospholipid mixture.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(11), 1255-1259, 1996-11 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002271364
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4087601
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ