寄生性線虫, Ascaris suumにおけるスフィンゴミエリン Sphingomyelin in the Parasitic Nematode, Ascaris suum

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 鈴木 實 SUZUKI Minoru
    • 東京都臨床医学総合研究所生体膜教室 Department of Membrane Biochemistry, The Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science
    • 鈴木 明身 SUZUKI Akemi
    • 東京都臨床医学総合研究所生体膜教室 Department of Membrane Biochemistry, The Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science
    • 太田 聡 OHTA Satoru
    • 滋賀大学教育学部化学教室 Department of Chemistry, Faculty of liberal Arts and Education, Shiga University

抄録

高等動物には普遍的に存在しているスフィンゴミエリン (セラミドホスホコリン) も, 下等動物においては, 極めてその分布が限られており, 今までに, はっきりと単離及び同定について報告されているのは, 軟体動物の一部 (貝類) からにすぎない。こうした中で, 動物寄生性線虫のブタカイチュウ, <I>Ascaris suum</I> (袋形動物, 線虫網) を用いてスフィンゴミエリンの存否を精査し, セラミド成分の異なる2種類のスフィンゴミエリン (24 : 0脂肪酸-d, br 17 : 0長鎖塩基を成分とするもの及び24 : 0ヒドロキシ脂肪酸-d, br 17 : 1長鎖塩基を成分とするもの) の単離に成功した。

The presence of sphingomyelin as phospholipid in lower animals is quite rare but characteristic of higher animals. This paper describes isolation and structural characterization of two sphingomyelins, Sph.-1 and Sph.-2 from the parasitic nematode, <I>Ascaris suum</I>. The chemical structures were completely characterized by fatty acid and sphingoid analyses, hydrogen fluoride degradation, acid hydrolysis, enzymatic hydrolysis, infrared analysis and fast atom bombardment mass spectrometry. The ceramide moieties of the sphingomyelins consisted primarily of C<SUB>22 : 0</SUB> and C<SUB>24 : 0</SUB> fatty acids and branched dihydroxy- (C<SUB>17 : 0</SUB> and C<SUB>19 : 0</SUB>) and trihydroxy- (C<SUB>17 : 0</SUB>) sphingoids for Sph.-1, and 2-hydroxylated (C<SUB>22 : 0</SUB> and C<SUB>24 : 0</SUB>) fatty acids and branched dihydroxy- (C<SUB>17 : 1</SUB>) and trihydroxy- (C<SUB>17 : 0</SUB>) sphingoids for Sph.-2.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(11), 1261-1266, 1996-11 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  33件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002271380
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4087602
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ