LB膜の構造・機能制御 Control of the Structures and Functions of LB Films

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

LB膜の構造と機能を3種類の方法を用いて制御した。最初の方法では, トリガー分子としてヘキサトリアコンタンを用い, 非両親媒性ポルフィリン分子の配向と会合体構造を制御した。トリガー分子なしでは, ポルフィリンは基板に対して傾いた配向をとるのに対し, トリガー分子の存在下ではポルフィリンは基板に対してほぼ垂直の配向をとった。2番目の方法は, ポリイオン錯体形成を利用するものである。ポリカチオン種により, アゾベンゼンLB膜の構造と光異性化反応を制御できることが分かった。最後の方法では, アゾベンゼンの光異性化反応を利用した。光異性化反応はLB膜の構造の変化をもたらし, 導電率のスイッチングと共存するシアニン色素の会合体の変化をもたらした。

The structures and functions of LB films were controlled using three methods. The first one employs a trigger molecule, hexatriacontane in this case, which controls the orientation and aggregate structures of nonamphiphilic porphyrin derivatives in the LB films. In the absence of the trigger molecule, the macrocycle of the porphyrin is inclined with respect to the film surface, while the porphyrin stands almost vertically in the presence of the trigger molecule. The second one takes advantage of the formation of the polyion complex at the air-water interface. The structure of the LB film of an azobenzene derivative and hence the photoisomerization of the azobenzene depend strongly on the polyion species. The last one relies on the photoisomerization of azobenzene in the LB films. The photoisomerization triggers the structure change of the LB films, giving rise to conductivity switching of the LB films and also change in aggregate structure of the co-existing cyanine molecule.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(12), 1311-1319, 1996-12-01 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002271442
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4106760
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ