高水分活性域で起こる脱脂魚肉を含む魚油の酸化に及ぼす食塩の影響 Effects of NaCl on Oxidation of Fish Oil Containing Defatted-Muscles under Higher Water Activity Conditions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高水分活性域で起こる魚油の酸化に及ぼす食塩の影響をクロロホルム-メタノールで脱脂したマイワシ普通肉の粉末とイワシ油の混合物を用いたモデル系で調べた。20℃における酸素吸収量の経時的変化により酸化誘導期間を求め, 酸化の指標とした。用塩量を増やすことや水分活性を高くすることにより誘導期間が短くなった。食塩の添加は金属イオンと蛋白質の相互作用を妨げ, 結果として金属イオンと魚油の相互作用を高めてしまうと推定した。また, 水分活性が高くなるにつれて, 金属イオンの易動度が増加して魚油の酸化を促進すると考えた。

Effects of NaCl on fish oil oxidation under higher water activity conditions were investigated using a model system consisting of a mixture of sardine oil and chloroform-methanol-defatted sardine muscles. Oxidation rates were determined based on the induction period of oxidation at 20°C in oxygen absorption analysis. Increase in NaCl concentration or water activity shortened the induction period. NaCl may possibly hinder interactions of metal ions with proteins so that interactions between metal ions and oils become greater. In such a situation, higher water activity may enhance the mobility of metal ions with considerable accelerations of lipid oxidation.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 45(12), 1359-1361, 1996-12-01 

    日本油化学会 = Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002271573
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4106767
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ