高度不飽和油脂の自動酸化に対する含窒素リン脂質の酸化防止効果 Antioxidative Effect of Nitrogen-containing Phospholipids on Autoxidation of Polyunsaturated Oil

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

非水系と乳化系における魚油の30℃自動酸化条件下に, 大豆起源のホスファチジルコリン (PC) とホスファチジルエタノールアミン (PE) を用いて, 含窒素リン脂質の酸化防止効果を研究した。また, ホスファチジルモノメチルエタノールアミン (PMME), ホスファチジルジメチルエタノールアミン (PDME), ボスファチジルセリン (PS), エチルアミン, <I>n</I>-ブチルアミン, スペルミン, セリンのような他のアミノ化合物の酸化防止能についても評価した。<BR>試験した含窒素化合物はトコフェロール混合物と比較して, わずかしか酸化防止能を持っていなかった。しかしながら, トコフェロールに対してPEの顕著な酸化防止相乗作用が上述の両系における魚油の自動酸化において観察された。アミノ化合物の第一級アミノ水素はトコフェロールに対する優れた水素ラジカル供試体として働くと考えられた。

Antioxidative effect of nitrogen-containing phospholipids was studied using phosphatidylcholine (PC) and phosphatidylethanolamine (PE) originated from soybeans under the autoxidation of fish oil at 30°C either in non-aqueous or in emulsifying systems. Other amino compounds such as phosphatidyl-monomethylethanolamine (PMME), phosphatidyldimethylethanolamine (PDME), phosphatidylserine (PS), ethylamine, <I>n</I>-butylamine, spermine, and serine were also evaluated for their antioxidative activities.<BR>The nitrogen-containing compounds tested had only a little antioxidative activity comparing with tocopherol mixture.<BR>The remarkable synergistic activity of PE, however, on tocopherols was found in the autoxidation of fish oil in the both systems mentioned above. It was considered that primary amino hydrogen in amino compounds act as an excellent hydrogen radical donor for tocopherols.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(1), 3-15, 1997-01-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  33件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002271584
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4129260
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ