フッ化カリウムを中性アルミナに担持した触媒を用いた交差アルドール縮合反応 Crossed Aldol Condensation Reactions in the Presence of Potassium Fluoride Supported on Activated Alumina-neutral

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 本田 知紀 HONDA Tomoki
    • 明治大学理工学部工業化学科 Department of Industrial Chemistry, School of Science and Technology, Meiji University
    • 池本 準 IKEMOTO Jun
    • 明治大学理工学部工業化学科 Department of Industrial Chemistry, School of Science and Technology, Meiji University
    • 倉田 武夫 KURATA Takeo
    • 明治大学理工学部工業化学科 Department of Industrial Chemistry, School of Science and Technology, Meiji University

抄録

有機合成において, 交差アルドール縮合は炭素-炭素結合形成反応として重要な反応の一つである。<BR>我々は, 種々のフッ化塩を無機固体に担持させた固体塩基触媒を用いたベンズアルデヒド (1) と2-ブタノン (2) の交差アルドール縮合反応の検討を行った。<BR>結果, フッ化カリウムを中性アルミナに担持させた触媒 (KF/Al<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB>-neutral) が (1) と (2) の交差アルドール縮合反応に有効に働くことを見いだした。又, この触媒は種々の芳香族アルデヒド, ケトンの交差アルドール縮合反応やカルコン類, ジスチリルケトン類の合成にも適用可能である。

Crossed aldol condensation reactions are indispensable to the formation of C-C bonds in organic synthesis.<BR>Examination was made of these reactions between benzaldehyde (1) and 2-butanone (2) using as solid base catalysts several fluoride salts supported on various inorganic solids.<BR>Potassium fluoride supported on activated alumina-neutral (KF/A<SUB>2</SUB>O<SUB>3</SUB>-neutral) was found to be a factor in the crossed aldol condensation of 1 with 2. By this catalyst, various aromatic aldehydes with ketones could be used in the synthesis chalcones and distyryl ketones.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(1), 57-62, 1997-01-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002271739
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4129266
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ