高度不飽和リン脂質の自動酸化挙動 (第1報) 高度不飽和リン脂質を含む海産油の酸化安定性 Autoxidative Behavior of Polyunsaturated Phospholipids. I. Oxidative Stability of Marine Oil Containing Polyunsaturated Phospholipids

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高度不飽和リン脂質に富む筋子油の自動酸化挙動をオキアミ油とサケ油の自動酸化挙動と比較した。筋子油とオキアミ油はカロテノイドの一種であるアスタキサンチンとリン脂質を含むため, 30℃の自動酸化に対してサケ油よりもはるかに安定であった。次に, 筋子油とそのトリアシルグリセリン及びリン脂質区分の酸化安定性を同条件下に評価した。<BR>その結果, 筋子油中のヒドロペルオキシドの蓄積は筋子油に含まれるアスタキサンチンとトコフェロールの酸化防止効果により, トリアシルグリセリン区分やリン脂質区分中よりもかなり抑制された。<BR>それ故, 高度不飽和脂肪酸に富む脂質の自動酸化はアスタキサンチン, トコフェロール及びリン脂質が共存することによって抑制され, リン脂質はトコフェロールに対する相乗剤として作用した。

Autoxidative behavior of salmon egg oil, abundant in polyunsaturated phospho-lipid, was compared with that of euphausiid and salmon oils. Salmon egg and euphausiid oils were much more stable than salmon oil toward autoxidation at 30°C, since the former two oils contain phospholipid and astaxanthin, a carotenoid. The oxidative stability of salmon egg oil and its triacylglycerol and phospholipid fractions was assessed under the same conditions. Hydroperoxide accumulation in salmon egg oil was found to be somewhat more suppressed than in the case of the triacylglycerol or phospholipid fraction owing to the antioxidative effects of astaxanthin and tocopherol in salmon egg oil.<BR>The autoxidation of lipid abundantly present in polyunsaturated fatty acids was suppressed by astaxanthin, tocopherol and phospholipid, and phospholipid acted as a synergist of tocopherol.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(2), 175-181, 1997-02-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002271868
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4150536
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ