ドデシルトリメチルアンモニウム=ブロミドミセルによるベンゼン誘導体の可溶化に及ぼすpHの影響 Effect of pH on Solubilization of Benzene Derivatives by Dodecyltrimethylammonium Bromide Micelles

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ジドデシルトリメチルアンモニウム=ブロミド (DTAB) ミセルによるフェノール, フタル酸ジメチル (DMP), 安息香酸 (BA) のようなベンゼン誘導体の可溶化を準平衡透析法により検討した。pHに依存して解離度が変化するフェノールの可溶化能および可溶化平衡係数はpHの増加に伴い減少したが, 水溶液中で解離しないDMPの可溶化能および可溶化平衡係数はpH依存せず一定となった。BAの可溶化能および可溶化平衡係数はほとんど解離しているpH=5.5~9.0の領域では一定となった。<BR>これらのことから, ベンゼン誘導体の可溶化状態は, その解離度や極性基にかなり依存することがわかった。

Semiequilibrium dialysis measurements have been made to investigate the solubilization of benzene derivatives such as phenol, dimethylphthalate (DMP), benzoic acid (BA) in dodecyltrimethylammonium bromide micelles. Solubilizing capacity and solubilization equilibrium coefficients for phenol whose dissociation degree changes with increasing pH decrease with an increase in the pH of micellar solution, but those for DMP which is not dissociated in water are independent of pH of the micellar solution. Solubilizing capacity and solubilization equilibrium coefficients for BA are independent of pH in the region of pH=5.5-9.0 where BA almost dissociates in water.<BR>It is found that solubilization of the benzene derivatives is strongly dependent on their dissociation degree and polar groups.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(2), 183-190, 1997-02-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002271891
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4150537
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ