ラットにおけるジアシルグリセリンの栄養学的特徴 Nutritional Characterization of Diacylglycerols in Rats

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ジアシルグリセリン (DG) は, 血清トリアシルグリセリン (TG) の上昇を抑制する脂質である。1, 3-DGと1, 2-DGから成るDGの栄養学的特徴を, ラットで検討した。DGとTGの間には, 消化及び代謝過程において, 明らかな違いが認められた。結果は次の通りである。 (1) 小腸内において, DGからはTGの消化物中にはほとんど見られなかった1-モノアシルグリセリンが生成した。 (2) DG投与後には, TGと比較して多量の脂肪酸が小腸から門脈へ放出された。 (3) DG摂取は, 肝臓での脂肪酸のβ酸化を促進し, ケトン体を尿中へ放出させた。 (4) ラットにおいて, DG投与後の酸素消費量は, TG投与後に比べて増加した。これらの結果から, DGはエネルギーとして利用されやすく, そのためTGと比較して体脂肪として蓄積しにくいものと考えられた。

Diacylglycerols (DG) are lipids which influence to a lesser extent the increase of the concentrations of triacylglycerols (TG) in serum by ingestion. The nutritional characteristics of DG consisting of 1, 3-DG and 1, 2-DG species were investigated in rats. Digestic and metabolic process in DG and TG were found to differ significantly. 1) 1-Monoacylglycerols (MG), rarely seen in the digest of TG in the intestine, were mainly produced from DG. 2) Greater amounts of fatty acids were released from intestine into the portal vein after the administration of DG, compared to TG. 3) DG ingestion enhances the β-oxidation of fatty acids in the liver and released ketone bodies into the urine. 4) Increase in oxygen consumptions by DG was greater than by TG in rats. DG would thus appear to be an ideal source of energy, making possible less fat accumulation compared to TG.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(3), 301-307, 1997-03-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  7件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002272090
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4172696
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ