ジドデシルジメチルアンモニウム=ブロミドのベシクル水溶液による芳香族化合物の可溶化に及ぼすベシクル粒径の影響 Vesicle Diameter Effect on Solubilization of Aromatic Compounds by Aqueous Solutions of Didodecyldimethylammonium Bromide Vesicles

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

粒径の異なるジドデシルジメチルアンモニウムブロミド (DDAB) ベシクルを用いた, 親水基を有する芳香族化合物の可溶化を平衡透析法, 蛍光プローブ法, 動的光散乱法により検討した。その結果, 安息香酸 (BA) ならびに3-フェニルプロピオン酸 (HCA) の可溶化平衡定数 (<I>K</I><SUB>0</SUB>) はベシクル粒径の増加に伴い増加するが, フェノールならびに2-フェニルエタノール (PEA) の<I>K</I><SUB>0</SUB>はベシクル粒径にほとんど依存しないことがわかった。また, 粒径の小さいベシクルの場合, その水和層がベシクル表面に強固に結合しているため, BAならびにHCA分子はDDAB親水基に静電吸着しにくいことが明らかになった。さらに, フェノールならびにPEA分子はベシクル親水部の水に弱い力で結合することにより可溶化されることが示唆された。

Examination was made of the solubilization of aromatic compounds possessing hydrophilic groups using didodecyldimethylammonium bromide (DDAB) vesicles with different diameters in the equilibrium dialysis method, fluorescence probe method and dynamic-light scattering method. The solubilization equilibrium constants (<I>K</I><SUB>0</SUB>) of benzoic acid (BA) and 3-phenylpropionic acid (HCA) were found to increase with vesicle diameter while <I>K</I><SUB>0</SUB> of phenol and 2-phenylethanol (PEA) to remain essentially unchanged. In the case of smaller vesicles, the electrostatic adsorption of BA and HCA molecules on DDAB head groups becomes more difficult since the hydration layer of the vesicles is more tightly bound to the vesicle surface. Phenol and PEA molecules may possibly bind more weakly to water in the hydrophilic region of vesicles.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(3), 323-329, 1997-03-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002272150
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4172699
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ