固定化リパーゼを用いたトリアシルグリセリンの位置特異分析 Regiospecific Analysis of Triacylglycerols with Immobilized Lipase

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

固定リパーゼ (<I>Rhizopus delemar</I>起源) を用いたトリアシルグリセリンの位置特異分析を行った。分析対象トリアシルグリセリンと脂肪酸を<I>sn</I>-1, 3位置特異性を持つ固定化リパーゼによって有機溶媒中でエステル交換 (アシドリシス) させた。脂肪酸は試料トリアシルグリセリンに含まれていないものを用いた。これによりトリアシルグリセリンの<I>sn</I>-1, 3位が非構成脂肪酸に置換された成分を得た。この成分は誘導体などの処理をすること無しにガスクロマトグラフィーで分析し, トリアシルグリセリンの<I>sn</I>-2位のアシル基組成を得ることができた。反応系の水分濃度を低く保つことにより, トリアシルグリセリンの<I>sn</I>-2位のアシル基の<I>sn</I>-1, 3位への転移を0.3%未満に抑えることができた。本方法で分析を行って得られた結果は, 従来の部分加水分解を用いた方法で分析した結果とよく一致した。

Regiospecific analysis of triacylglycerols was carried out using immobilized lipase (from <I>Rhizopus delemar</I>). Interesterification (acidolysis) of triacylglycerol and fatty acid sample was conducted with immobilized 1, 3-positional specific lipase in <I>n</I>-hexane. The fatty acid was arranged not to contain the sample triacylglycerol. Triacylglycerol whose acyl groups at <I>sn</I>-1, 3 positions were exchanged with non-constitutional fatty acids was obtained. The reactants was analyzed by gasliquid chromatography without derivatization, and acyl composition at the <I>sn</I>-2 position of sample triacylglycerol was determined. Transfer of the acyl group from <I>sn</I>-2 to <I>sn</I>-1, 3 position could be controled to less than 0.3% by keeping water content low in the reaction system. The results obtained by the present method agreed well with those by pertial hydrolysis.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(4), 391-395, 1997-04-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002272272
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4194293
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ