銀担持球状粘土鉱物を用いたクロマトグラフィーによる高度不飽和酸の分離(第1報)超臨界流体クロマトグラフィーによる高純度ドコサヘキサエン酸の大量分取 Separation of Polyunsaturated Fatty Acids by Chromatography Using a Silver-Loaded Spherical Clay. I. Pilot-Scale Preparation of High-purity Docosahexaenoic Acid by Supercritical Fluid Chromatography

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

銀イオンとオレフィンの二重結合との強い相互作用を利用したDHAの新しい分離方法を開発した。銀イオンを安定に担持した銀担持球状粘土鉱物SC (Ag) を超臨界流体クロマトグラフィー (SFC) のカラム充填剤として用いることにより, 魚油由来の脂肪酸エチルエステル混合物中から効率的かつ高純度 (99%以上) にDHAエチルエステル (DHA-E) を分離することができた。SFC実験機を用いて精製条件を決定した上で中間プラントにまでスケールアップし, その大量分取の可能性について検討した。その結果, 純度99%以上のDHA-Eが65%の回収率で分取することができた.

New separation technique of docosahexaenoic acid (DHA) was developed by using a strong interaction between olefinic double bonds and silver ions. DHA ethyl ester (DHAE) in mixture of fatty acid ethyl esters prepared from fish oil could be efficiently separated with high purity (>99%) by silver-loaded spherical clay [SC (Ag)] used as a chromatographic stationary phase of a supercritical fluid chromatography (SFC). Pilot-scale preparation of highpurity DHA-E was evaluated by using a pilot-scale SFC under the preparation condition which was obtained by using a lab. -scale SFC. The recovery of high-purity DHA-E (>99%) was 65%.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(4), 397-403, 1997-04-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002272284
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4194294
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ