合成ゼオライト触媒によるモノテルペンアルデヒド類とアセトンとのアルドール縮合 Aldol Condensation of Several Monoterpene Aldehydes with Acetone by Synthetic Zeolite Catalystsa^+

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

モノテルペンアルデヒド類である (+) -シトロネラール (1), <I>trans</I>-シトラール (2), <I>cis</I>-シトラール (3), (+) -ペリアルデヒド (4), <I>α</I>-カンフォレンアルデヒド (5), および (+) -ミルテナール (6) とアセトンとのアルドール縮合反応について合成ゼオライトを触媒とした反応条件を検討した。その結果, 最適な触媒となりうる合成ゼオライトとしては2020AH, HSZ-320CAAおよびHSZ-820NAAであることを見いだすとともに, 目的である各種のモノテルヘニリデンアセトン (7) ~ (12) を選択率良く得ることができた。得られた化合物についてにおい評価を行ったところ, とくに化合物 (8) はグリーン調でフルーティーなにおいがあり最も良い結果を得ることができた。

Examination was made of aldol condensations of (+) -citronellal (1), <I>trans</I>-citral (2), <I>cis</I>-citral (3), (+) -perillaldehyde (4), <I>α</I>-campholenic aldehyde (5) and (+) -myrtenal (6) with acetone by synthetic zeolite catalysts and the following results were obtained. With 2020 AH, HSZ-320CAA or HSZ-820NAA zeolites, (7) (12) were obtained from (1) (6) as the principal products, respectively and evaluated for odor; the odor emitted by 8 indicated potential application as flavor constituents.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(4), 429-434, 1997-04-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002272376
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4194299
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ