古細菌エーテル脂質の多様性と系統関係 Structural Diversity of Archaeal Ether Lipid and Phylogenetic Relationship

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 古賀 洋介 KOGA Yosuke
    • 産業医科大学・医学部・生体物質化学教室 University of Occupational and Environmental Health

抄録

エーテル脂質は古細菌と真正細菌を区別する最も明確な指標のひとつである。古細菌の中では, コア脂質の構造, リン酸含有極性頭部基, 糖脂質の糖残基の種類に多様性が認められる。例えば, 非メタン生成好熱菌は主にテトラエーテル型のコア脂質を含み, リン酸含有極性基としてはイノシトールだけを持っており, 高度好塩菌の脂質はジエーテル型のコア脂質と極性頭部基としてはグリセロリン酸およびその誘導体のみから成っている。メタン菌の脂質はこれまで分析された限りではすべて極性基として窒素原子含有基を持っている。このような古細菌の脂質の多様性はランダムなものではなく, 系統関係によって決定されているので, 定性的な脂質組成は高度好塩基やメタン菌で化学分類学的マーカーとして用いられている。生物の世界の最高階級である二つのドメインである古細菌と真正細菌を分ける最も基本的な表現形質は極性脂質のグリセロリン酸骨格の対掌体構造である。この相違はこの二つのドメインが分化した時点以来ずっと保たれていたと仮定することができる。

Ether lipid is one of the most distictive markers that discriminate <I>Archaea</I> and <I>Bacteria</I>. Among <I>Archaea</I>, there are diversity in their core lipid structure, phosphate-containing polar-head groups, and glycolipid-sugar moieties. For example, non-methaogenic thermophilic <I>Archaea</I> contain mainly tetraether type core and inositol as a sole phosphate-containing polar-head group, lipids of extreme halophiles are composed of only diether type core lipid and glycerophosphate and its derivatives as polar head groups, and all methanogens so far analyzed are characterized by the presence of nitrogen-containing polar groups. The diversity of lipids in <I>Archaea</I> is not random but is determined by a phylognetic relationship. Therefore qualitative lipid composition is used as a chemotaxonomic marker of extreme halophiles and methanogens. The most fundamental phenotypic marker that distinguishes <I>Archaea</I> and <I>Bacteria</I>, which is the highest taxonomic rank of living organisms, is the enantiomeric difference of glycerophosphate backbone structure of their polar lipids. It could be assumed that this difference has been kept since the time when organisms of the two domains had been differentiated.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(5), 485-495, 1997-05-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  31件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002272405
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4216985
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ