超好熱性古細菌のゲノム解析 Genomic Analysis of Hyperthermophilic Archaea

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

最近, いくつもの微生物においてゲノム解析プロジェクトが世界中で, 進められてきている。そして, いくつかの微生物においてはすでに終了し, コンピューターネットワーク上にその結果を見ることができる。こうした結果から, 微生物のゲノムサイズが遺伝子の量, 特に制御にかかわる遺伝子や, 偽遺伝子の量と関連していることがわかり, こうした違いが, その微生物のおかれた環境におけるストレスの量的な違いと相関していることが信じられてきている。これは, 小さいゲノムを持ち独立して生活できる超好熱性古細菌のような微生物を調べることが, 最小ゲノム生物を理解するために非常に重要であることを示唆している。わが国ではそうした研究の一環として, 深海熱水鉱床より単離された新種の超好熱性古細菌, <I>Pyrococcus horikoshii</I>, についてゲノム解析が推進されている。本微生物はその生育上限温度にて絶対好圧性を示す事が明らかとなり, ゲノム解析から得られる結果から, 深海の超好熱性古細菌における好圧性のメカニズム, および, 生命の起源と進化に対する理解を深める等の, 成果が期待されている。

Recently, so many genome analysis programs of the microorganisms have been investigating in the world, and some of them (5 strains) have finished and opened the sequencing data on computer net-work. From these results, we realyzed that the genome size of microorganisms and the quantity of regulatory functional genes and pseudo genes were corresponding. For example, 134 regulatory genes were identified in <I>Synechocystis</I> sp. PCC 6803 (3.6 Mb), however only 7 regulatory genes in <I>Methanococcus Jannaschii</I> (1.7 Mb). We believe that such difference of the genome size is corresponded to the quantity of the environmental stresses. Thus, this is very important to study the smaller genome organisms like hyperthermophilic archaea to realize the minimum genome for organisms. In my country, the genome project of new hyperthermophilic archaeon, <I>Pyrococcus horikoshii</I>, is in progress. <I>P. horikoshii</I> showed obligately barophilic growth profile at maximum high temperature (103°C), thus we may expect that the barophily of the deep-sea hyperthermophiles will be more understandable to consider about the origin of life and its evolution from the its genomic results.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(5), 517-523, 1997-05-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002272507
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4216988
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ