超好熱菌の耐熱性酵素 Thermostable Enzymes of Hyperthermophilic Archaea

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 今中 忠行 IMANAKA Tadayuki
    • 京都大学大学院・工学研究科 合成・生物化学専攻 Dept. of Synth. Chem. and Biol. Chem., Graduate School of Engineering, Kyoto University
    • 藤原 伸介 FUJIWARA Shinsuke
    • 大阪大学大学院・工学研究科 応用生物工学専攻 Dept. of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Osaka University

抄録

16S rRNAの配列を用いた系統解析によれば生物界は細菌, 真核生物, 始原菌の3つのドメインに分類されており, なかでも超好熱始原菌は真核生物の起源に最も近いと考えられている。そのため, 単に耐熱性酵素の生産菌としてだけではなく, 生命誕生の謎を解く鍵としても脚光を浴びている。超好熱始原菌が生産する酵素のアミノ酸配列は一般的に真核生物のそれに似ているが, 触媒機構には特殊性を示すものもある。我々は鹿児島県小宝島の硫気孔から95℃を生育最適温度とする超好熱始原菌<I>Pyrococcus</I> sp.KOD1株を単離し, その酵素の性質を研究することで多くの興味深い知見を得ることができた。ここでは超好熱菌研究の背景とそれが作り出す酵素の性質についてプロテアーゼ, アミラーゼ, DNAポリメラーゼ, グルタミン酸合成酵素, Recタンパク質, アスパラギン酸tRNA合成酵素, 分子シャペロニンを中心に述べる。また, KOD1株のDNAポリメラーゼを用いた短時間PCR, KOD1のシャペロニンを用いた酵素の安定化及び不溶性顆粒の可溶化について紹介する。

Phylogenetic tree based on 16S rRNA or protein sequences shows that all known organisms are related suggesting a common ancestor. All organisms are divided into three groups, eukarya, bacteria, and archaea. Most proteins produced in archaea have eukaryotic features, which indicate close relationship of archaea and eukarya in the course of evolution. Especially, hyperthermophilic archaea are considered to evolve most slowly in archaea domain remaining ancestral features of higher eukaryotes. <I>Pyrococcus</I> sp. KOD 1 is a newly isolated hyperthermophilic archaeon from a solfatara at a wharf of Kodakara Island, Kagoshima Japan. The optimum temperature for KOD 1 cell growth is 95°C. Unusual enzyme characteristics on KOD 1 protease, amylase, DNA polymerase, glutamate synthase, Rec protein, aspartyl tRNA synthetase and molecular chaperonin are discussed. Some applications using KOD 1 enzymes are also introduced, e.g. rapid PCR by KOD 1 DNA polymerase and <I>in vitro</I> stabilization and <I>in vivo</I> solubilization of foreign proteins by KOD 1 chaperonin.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(5), 525-533, 1997-05-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002272526
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4216989
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ