合成ゼオライト触媒による(+)-2-ピネン, (-)-2(10)-ピネンおよび(+)-1-p-メンテンのアシル化 acylation of (+)-2-Pinene, (-)-2(10)-Pinene and (+)-1-p-Menthene by Synthetic Zeolite Catalysts

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

合成ゼオライトを触媒とするテルペン炭化水素類である (+) -2-ピネン (1), (-) -2 (10) -ピネン (2) および (+) -1-<I>p</I>-ピネン (3) の酸無水物 (無水酢酸および無水プロピオン酸) とのアシル化反応を検討した。その結果, US-Y型合成ゼオライトを触媒とする反応条件において, 目的とするアシル化生成物 (4) ~ (13) を選択率良く得ることができた。得られたアシル化生成物について, におい評価を行ったところ, とくに化合物 (9) が良好な香気を有しているとの評価を得た。また, 抗菌活性試験を行ったところ, 枯草菌に対して化合物 (7) がMIC 100μg/mLの値を示し, 活性があることがわかった。

Examination was made of acylation reactions of (+) -2-pinene (1), (-) -2 (10) -pinene (2) and (+) -1-<I>p</I>-menthene (3) with acid anhydrides (acetic anhydride and propionic anhydride) in the presence of synthetic zeolites and the following results were obtained. With US-Y type zeolites, (4) (13) were obtained from (1) (3) as the main products, respectively and evaluated on the basis of odor ; (9) emitted odors that would qualify them as flavor agents. The antimicrobial activity of acylated compounds (4) (13) toward <I>Bacillus subtilis</I>, <I>Staphylococcus aureus</I>, <I>Escherichia coli</I>, <I>Aspergillus niger</I> and <I>Penicillium citrinum</I> was also examined and it was found that compound (7) (at 100 μg/mL) derived from (1) and (2), completely inhibited the growth of B. subtilis.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(5), 583-587, 1997-05-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002272681
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4216996
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ