ミドル相マイクロエマルションの物性に及ぼす二鎖型アニオン界面活性剤のオキシエチレン鎖長の影響 Effect of Oxyethylene Chain Length in Double-Tail Anionic Surfactant on Middle-Phase Microemulsion Properties

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

二鎖型アニオン界面活性剤の親水基と疎水基間に種々のオキシエチレン鎖長を有する硫酸ポリオキシエチレン-2-ヘキシルデシルナトリウム [C<SUB>8</SUB>H<SUB>17</SUB>CHC<SUB>6</SUB>H<SUB>13</SUB>CH<SUB>2</SUB>O (CH<SUB>2</SUB>CH<SUB>2</SUB>O) <SUB><I>n</I></SUB>SO<SUB>3</SUB>Na; POE (<I>n</I>)] を合成し, ミセル形成およびミドル相マイクロエマルション形成に及ぼすオキシエチレン鎖長の影響を検討した。<BR>ミセル形成濃度は界面活性剤中のオキシエチレン鎖長の増加に伴い減少したが, 到達最低表面張力値はオキシエチレン鎖長にはほとんど依存しなかった。また, オキシエチレン鎖長が1~5の界面活性剤 [POE (1) -POE (5)] の場合, それらの濃度増加に伴いミセルを形成しているオキシエチレン鎖部位の脱水和が起こることが分かった。また, ミドル相マイクロエマルションの調製において, オキシエチレン鎖が導入された界面活性剤は系全体の親水性相互作用と親油性相互作用の両方を増加させ, さらに, オキシエチレン鎖長の増加に伴い, 可溶化量の増加, 界面張力の低下, 最適塩濃度の増加を引き起こすことが分かった。

Poly (oxyethylene) -2-hexyldecyl sulfates, having various oxyethylene units between hydrophilic and hydrophobic moieties in a double-tail anionic surfactant, were synthesized and the effects of the number of oxyethylene units on the properties of micelles and/or middle-phase microemulsion were investigated.<BR>Critical micelle concentration decreased with increase in oxyethylene units, but the equilibrium surface tension was independent of oxyethylene chains. For surfactants possessing oxyethylene units of 1-5, dehydration from oxyethylene chain portions in micelles was observed with increasing their concentrations. With the formation of the middle-phase microemulsion, surfactans having oxyethylene groups may increase both hydrophilic and hydrophobic interactions; increase in the number of oxyethylene chains resulted in the increase of solubilizaion parameter, depression of interfacial tension, and increase of optimal salinity.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(6), 661-669, 1997-06-20

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

  • <no title>

    鈴木洋

    界面と界面活性物質 101, 1990

    被引用文献1件

  • <no title>

    TSUJII K.

    J. Phys. Chem. 84, 2287, 1980

    被引用文献2件

  • <no title>

    米山雄二

    油化学 31, 1033, 1982

    被引用文献2件

  • <no title>

    ABE M.

    J. Colloid Interface Sci. 114, 342, 1986

    被引用文献5件

  • <no title>

    ABE M.

    J. Dispersion Sci. Tech. 8, 157, 1987

    被引用文献4件

  • <no title>

    國枝博信

    油化学 29, 676, 1980

    被引用文献2件

  • <no title>

    KUNIEDA H.

    Bull. Chem. Soc. Jpn. 55, 1777, 1982

    被引用文献7件

  • <no title>

    阿部正彦

    石油学会誌 31, 458, 1988

    被引用文献4件

  • <no title>

    常盤文克

    油化学 19, 195, 1970

    被引用文献2件

  • <no title>

    LANGE H.

    Tenside Deterg. 12, 27, 1975

    被引用文献1件

  • <no title>

    柳田祥三

    油化学 26, 283, 1977

    被引用文献3件

  • <no title>

    荻野圭三

    石油学会誌 35, 213, 1992

    被引用文献3件

  • <no title>

    荻野圭三

    油化学 34, 568, 1985

    被引用文献1件

  • <no title>

    DORRNCE R. C.

    J. Chem. Soc. Faraday Trans. 168, 13, 1972

    被引用文献1件

  • <no title>

    VERZARO F.

    Surfactant in Solution 6, 1137, 1986

    被引用文献1件

  • <no title>

    辻薦

    乳化 可溶化の技術 139, 1976

    被引用文献1件

  • <no title>

    吉田時行

    新版界面活性剤ハンドブック 268, 1987

    被引用文献1件

  • <no title>

    国枝博信

    油化学 32, 740, 1983

    被引用文献2件

  • <no title>

    中垣正幸

    表面状態とコロイド状態 24, 1981

    被引用文献1件

  • <no title>

    NAKAMAE M.

    Colloid Polym. Sci. 266, 475, 1988

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002272752
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4237602
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ