高速液体クロマトグラフィーを用いたリパーゼ活性の測定 Determination of Lipase Activity by High Performance Liquid Chromatography

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

リパーゼ単位はある条件下で1 minに1μmolの遊離脂肪酸を生成する酵素量と定められている。遊離脂肪酸の量は中和滴定で求めるのが一般的である。この定量分析を高速液体クロマトグラフィー (HPLC) 法で置き換えた。気化光散乱検出器を備えたHPLCを用いて遊離脂肪酸を測定することで<I>Candida cylindracea</I>由来のリパーゼの活性を測定した。HPLC法は滴定法と同じ結果を与えたが, 感度はより高かった。

Lipase unit is defined as that amount of enzyme needed to produce 1 μmol non-esterified fatty acid in one minute under specified conditions. Non-esterified fatty acid is traditionally measured by acid-base titration. This was done in the present study in place of High-performance liquid chromatography (HPLC) method. HPLC with a light scattering detector was conducted to measure non-esterified fatty acids to determine the activity of lipase from <I>Candida cylindracea.</I> HPLC result was essentially the same as that obtained by titration, the former method being more sensitive.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(6), 697-700, 1997-06-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002272815
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4237607
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ