JIS(日本工業規格)指標洗剤の無リン組成 (日本石鹸洗剤工業会委託研究) Phosphate-Free Formulation of JIS(Japanese Industrial Standard) Reference Detergent

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

JIS K 3362の試験法は家庭用合成洗剤における実用上の洗浄力を評価するように設計されている。しかしながら, この方法で用いる指標洗剤はトリポリリン酸ナトリウム塩 (STPP) を17%含む洗剤であり, 無リン洗剤がほとんどである現在の洗剤市場とはそぐわない。本研究では, JIS指標洗剤を無リン組成にすることを検討した。<BR>指標洗剤のSTPPを全量ゼオライトに置換すると, 洗浄力は低下した。しかし, STPPのアルカリ分を炭酸ナトリウムで補うことにより, 洗浄力は指標洗剤のレベルに改善した。以上の結果から, JIS指標洗剤の無リン組成として, 以下の組成を提案する。直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム15%, ゼオライト17%, ケイ酸ナトリウム5%, 炭酸ナトリウム7%, カルボキシメチルセルロースナトリウム1%, 硫酸ナトリウムバランス。

JIS K 3362 test method is designed for evaluating detergency of household laundry detergents. However, the reference detergent in the method contains 17% of sodium tripolyphosphate (STPP), whereas the most of the detergents in the current market are phosphate-free. In this study we tried to convert the JIS reference detergent into a phosphate-free formulation.<BR>When whole STPP in the reference detergent was replaced by zeolite, the detergency became lower. However, after the addition of sodium carbonate for the compensation of the alkalinity of STPP, the detergency recovered to the initial level. Based on the results above, we propose the following formulation as a phosphate-free JIS reference detergent : sodium linear alkylbenzenesulfonate, 15%; zeolite, 17%; sodium silicate, 5%; sodium carbonate, 7%; sodium carboxymethyl-cellulose, 1%; sodium sulfate, balance.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(6), 701-704, 1997-06-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002272827
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4237608
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ