リパーゼを用いた繰り返しエステル交換反応による高度不飽和油脂の調製 Preparation of Polyunsaturated Oil by Repeated Transesterification with Lipase

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

生理活性に優れた高度不飽和油脂 (PUFA-TG) を調製するために, マグロ眼か (窩) 油とドコサヘキサエン酸 (DHA) 及びイコサペンタエン酸 (EPA) を90%含む高度不飽和脂肪酸 (PUFA) の繰り返しエステル交換反応について検討した。反応は<I>Rhizomucor miehei</I>起源の固定化リパーゼであるリポザイムと酵素活性の発現に欠くことのできない水分の代替物としてエチレングリコール (EG) またはプロピレングリコール (PG) を用いて, 60℃で7.5h行った。反応終了後エステル交換反応混合物中に残存する脂肪酸を基質油から除去するために, 7mL/min, 120kg/cm<SUP>2</SUP>の条件下に二酸化炭素を用いた超臨界体抽出技術は非常に有効であった。<BR>3回の繰り返しエステル交換反応により, 90%のPUFA (75% DHAと15%EPA) を組み込んだPUFA-TGを調製することができ, これはPUFAを40%程度含むマグロ眼窩油に比較して著しいPUFA含量の増加であった。<BR>また, エステル交換反応においてリポザイムの活性発現に必須である水の代わりにEGやPGのようなグリコールを使用すると, 副反応である加水分解を効果的に防ぐことができ, PUFA-TGの回収率は大幅に向上した。

Repeated transesterification of tuna orbital oil with polyunsaturated fatty acid (PUFA) consists of 90% docosahexaenoic acid (DHA) and icosapentaenoic acid (EPA) was examined to prepare physiologically beneficial polyunsaturated triacylglycerol (PUFA-TG). The reaction was conducted under 60°C for 7.5 h with lipozyme, an immobilized lipase originated from <I>Rhizomucor miehei</I>, in combination with ethyleneglycol (EG) or propyleneglycol (PG) as alternatives for essential water which is indispensable to the activation of enzyme.<BR>Supercritical fluid extraction technique with carbon dioxide at 7 mL/min, 120 kg/cm<SUP>2</SUP> was very effective in removing fatty acids from the substrate oil remained in the transesterified reaction mixture.<BR>Through the proposed triplicate transesterification process, PUFA-TG with 90% PUFA (75% DHA and 15% EPA) was obtained. This was a drastic increase compared to that of the original oil which contained 40% of PUFA.<BR>Employing glycols such as EG or PG instead of essential water in the transesterification process was extremely beneficial in preventing unfavorable hydrolytic side reaction. For this reason, the recovery of PUFA-TG was fairly increased.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(7), 785-790, 1997-07 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002272920
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4258066
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ