リパーゼを用いたアシル基変換反応による高度不飽和リン脂質の調製 Preparation of Polyunsaturated Phospholipid by Transacylation with Lipase

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高度不飽和リン脂質を<I>Candida cylindracea</I>起源の微生物リパーゼを用いて, 大豆リン脂質と主としてドコサヘキサエン酸 (DHA) およびイコサペンタエン酸 (EPA) から構成されたモノアシルグリセリン (MG) のアシル基変換反応によって調製した。<BR>高度不飽和MGは酵素活性の発現に必須の水の代替物として, また高度不飽和アシル基の供与体として使用することができた。リン脂質回収率とアシル基変換率から判断して, 非水系の反応は水添加系の反応よりも高度不飽和リン脂質を調製するためには効果的であった。非水系における至適反応条件は以下のように決定した。<BR>すなわち, 大豆リン脂質3g, 高度不飽和MG8.4g (大豆リン脂質と高度不飽和MGのアシル基比1 : 3), リパーゼ0.7gおよびヘキサン5mLを混合し, 反応はマグネチックスターラーを用いて37℃で48h行った。これらの条件下で2回の繰り返し反応により, 32.5%の高度不飽和脂肪酸を含むリン脂質を回収率87.6%で調製できた。

Polyunsaturated phospholipid was prepared by the transacylation of soy phospholipid with polyunsaturated monoacylglycerol comprised primarily of docosahexaenoic acid (DHA) and icosapentaenoic acid (EPA) using microbial lipase from <I>Candida cylindracea</I>. The polyunsaturated monoacylglycerol could be used in place of essential water for inducing enzyme activity and also as a polyunsaturated acyl donor.<BR>A non-aqueous system was found better for preparing polyunsaturated phospholipid than an aqueous system with respect to the transacylation ratio and recovery of phospholipid. Optimum conditions for the non-aqueous system were as follows : 3 g soy phospholipid, 8.4 g polyunsaturated monoacylglycerol (acyl ratio of soy phospholipid to polyunsaturated monoacylglycerol 1 : 3), 0.7 g lipase, 5 mL hexane, and 48h at 37°C with magnetic stirring.<BR>Under these conditions, phospholipid with 32.5% polyunsaturated fatty acid content could be prepared with 87.6% of recovery by repeating the reaction twice.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(7), 791-795, 1997-07

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

  • <no title>

    菰田衛

    レシチン 111, 1991

    被引用文献3件

  • <no title>

    山根恒夫

    油化学 40, 965, 1991

    被引用文献10件

  • <no title>

    藤川琢馬

    油化学 40, 951, 1991

    被引用文献3件

  • <no title>

    菊池寛

    油化学 34, 784, 1985

    被引用文献7件

  • <no title>

    WEINER A. L.

    Adv. Drug Delivery 3, 307, 1989

    被引用文献4件

  • <no title>

    野島庄七

    リポソ-ム, 1988

    被引用文献23件

  • <no title>

    GREGORIADIS G.

    Liposomes As Drug Carriers, 1988

    被引用文献5件

  • <no title>

    SCHERPHOF G.

    Liposomes : From Physical Structure to Therapeutic Applications 299, 1981

    被引用文献4件

  • <no title>

    加藤淳

    日化 1984, 987

    被引用文献1件

  • <no title>

    近藤保

    油化学 34, 667, 1985

    被引用文献2件

  • <no title>

    LOKESH B. R.

    Lipid 23, 968, 1988

    被引用文献3件

  • <no title>

    矢澤一良

    油化学 40, 974, 1991

    被引用文献15件

  • <no title>

    TANAKA T.

    Agric. Biol. Chem. 45, 2387, 1981

    被引用文献3件

  • <no title>

    BLIGH E. G.

    Can. J. Biochem. Physiol. 37, 911, 1959

    被引用文献35件

  • <no title>

    藤野安彦

    脂質分析法入門 62, 1978

    被引用文献2件

  • <no title>

    藤本健四郎編

    水産脂質-その特性と生理活性- 57, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    BROCKERHOFF H.

    Lipids 11, 421, 1976

    被引用文献2件

  • <no title>

    YOSHIMOTO T.

    Biotechnol. Lett. 8, 771, 1986

    被引用文献2件

  • <no title>

    戸谷洋一郎

    第44回日本栄養 食糧学会総会講演要旨集 77, 1990

    被引用文献3件

  • <no title>

    TOTANI Y.

    J. Am. Oil. Chem. Soc. 68, 848, 1991

    被引用文献4件

  • <no title>

    細川雅史

    平成5年度日本水産学会春季大会講演要旨集 222, 1993

    被引用文献3件

  • <no title>

    KATO A.

    J. Microencapsulation 1, 105, 1984

    DOI 被引用文献2件

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002272939
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4258067
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ