高純度オレイン酸より合成された非イオン界面活性剤水溶液の基本物性 Fundamental Properties of Aqueous Solutions of Nonionic Surfactants Prepared from Oleic Acid of High Purity

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高純度 (99%以上) オレイン酸を原料として最近合成されたポリオキシエチレン (20) ソルビタン酸エステル (POESO) とポリオキシエチレン (<I>n</I>) オレイルエーテル [<I>n</I>=20および10に対してそれぞれPOEOEおよびPOE (10) OEと略す] の水溶液について, ミセル分子量, 臨界ミセル濃度, 曇り点等の基本的な物性を測定した。またオキシエチレン鎖の分布を調べるためにHPLC分析およびヒドロキシル価の測定を行った。POESOおよびPOEOEについては, 上記の物性と原料オレイン酸の純度との相関は顕著には見られなかった。POE (10) OE については, 純度が高い試料の方が曇り点が高いことがわかり, このことは光散乱強度の温度依存性からも裏付けられた。

Fundamental properties such as micellar weight, critical micelle concentration and cloud point were determined for aqueous solutions of polyoxyethylene (20) sorbitan monooleate (POESO) and polyoxyethylene (<I>n</I>) oleyl ether [POEOE and POE (10) 0E for <I>n</I>=20 and 10, respectively] recently prepared from oleic acid of high (>99%) and low purity. HPLC analysis and measurement of hydroxy value were conducted to clarify the distribution of the oxyethylene chain. For POESO and POEOE, no significant correlation between the above properties and oleic acid purity could be found. For POE (10) OE, however, the cloud point was higher for greater purity. This was confirmed by the temperature dependence of light scattering intensity.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(8), 873-878, 1997-08-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002273055
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4285212
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ