光学活性アミン坦持γ-リン酸ジルコニウムの合成と応用 Synthesis and Application of γ-Zirconium Phosphates Modified with Chiral Amines

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

有機リン酸基担持ZrP (R-ZrP), 光学活性アミン担持ZrP (Am-ZrP), ならびに光学活性アミンおよび有機リン酸基担持ZrP (Am-R-ZrP) を合成した。その結果, 有機リン酸エステルやアミンにより層間距離は広くなり, しかも前者では, アルキル鎖長と層間距離がほぼ比例関係にあることが判明した。<BR>また, 合成したインタヒカレーション化合物を用いてチオールとエノンとの付加反応を行い, 触媒活性について検討した。その結果, アミンの種類ならびに有機リン酸部の違いによって<I>ee</I>値に差が見られ, アミンとアルキル鎖長が<I>ee</I>値に影響していることが判明した。

The intercalation of organic phosphate esters and chiral amines into layered γ-zirconium phosphate, Zr (HPO<SUB>4</SUB>)<SUB>2</SUB>·2H<SUB>2</SUB>O (abbreviated ZrP), was examined by powder X-ray diffraction, elemental analysis and IR spectroscopy. The results indicated basal spacings of ZrP intercalated with organic phosphate esters to enlarge in proportion to alkyl chain length. When chiral amines were further intercalated into ZrP derivatives, the basal spacings became slightly longer. The catalytic activity of the modified ZrP derivatives was investigated by adding thiol to enone. Enantiomeric excess was found to depend on the chiral amine employed and the alkyl chain length of organic phosphate.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(8), 915-919, 1997-08-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002273176
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4285217
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ