プロピレンオキシド, エチレンオキシドコポリマー系非イオン界面活性剤から調製した水溶性切削油剤の性能 Characteristic Properties of Cutting Fluid Additives Derived from Nonionic Surface Active Agents, Copolymers of Propylene Oxide with Ethylene Oxide

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

プロピレンオキシドとエチレンオキシドのコポリマー (CPO) と酸塩化物の反応によって, エステル類を合成した。水溶性切削液としてのさび止め性と他の性能を評価した。CPOのオレイン酸エステルとトリエタノールアミンの水溶液は水溶性切削液として非常に高いさび止め性を示した。

Esters were prepared by the reaction of acid chloride with copolymer of propylene oxide and ethylene oxide (CPO) for anti-rust and other properties in water-based cutting fluids. Aqueous emulsions of triethanolamine and oleic acid ester of CPO showed very high anti-rust properties for water-based cutting fluids.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(8), 925-929, 1997-08-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002273204
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4285219
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ