リゾリン脂質による皮膚のヒアルロン酸産生促進効果(第2報) 培養真皮線維芽細胞の細胞増殖に対するリゾホスファチジルコリンの影響 Effects of Lysophospholipids on Hyaluronic Acid Synthesis in the Skin. II. Effects of Lysophosphatidylcholine on the Cell Proliferation of Cultured Dermal Fibroblasts

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

天然に存在するリゾホスファチジルコリン (LPC) は単球の遊走性こう (亢) 進, 平滑筋細胞の収縮や血小板の活性化および血管内皮細胞からの増殖因子の分泌亢進など細胞に対して広範な影響を引き起こすことが知られている。本報において正常皮膚線維芽細胞のDNA合成に対する外因性LPCの影響について検討を行った。主にヒアルロン酸を主成分とするグリコサミノグリカン (GAG) 産生促進作用が明らかになっているC<SUB>12 : 0</SUB>-LPCやC<SUB>14 : 1</SUB>-LPC, C<SUB>16 : 1</SUB>-LPCの添加によりDNA合成が促進された。一方, GAG合成作用を有するC<SUB>18 : 3</SUB>-LPCは DNA合成を顕著に抑制した。C<SUB>12 : 0</SUB>-LPC添加で亢進したDNA合成はスタウロスポリン, ゲニステイン, 百日咳毒素 (IAP) およびプロプラノロールの共存により消失した。C<SUB>12 : 0</SUB>-LPCやC<SUB>18 : 3</SUB>-LPCの添加で亢進したGAG産生もプロプラノロールを除く以上の阻害剤によって消失した。ホスファチジルエタノールの添加ではDNAおよびGAG産生のいずれも影響を受けなかった。C<SUB>18 : 3</SUB>-LPCによるDNA合成の抑制はIAPにより回復しなかった。従って, このDNA合成の抑制にはアデニル酸サイクラーゼの活性化は関与していないことが示唆された。

Naturally occurring lysophosphatidylcholine (LPC) has effect on many different cell proesses, such as monocyte chemotaxis, smooth muscle cell contraction, platelet activation and the secretion of growth factors from endothelial cells. In this study, examination was made of the effects of exogenous LPC on DNA synthesis in human dermal fibroblasts, NB1RGB. DNA synthesis was accelerated by C<SUB>12 : 0</SUB>-, C<SUB>14 : 1</SUB>- and C<SUB>16 : 1</SUB>-LPC, all of which were previously shown to enhance the synthesis of glycosaminoglycan (GAG, mainly hyaluronic acid). C<SUB>18 : 3</SUB>-L, PC possessing activity for GAG synthesis greatly repressed that of DNA. DNA synthesis enhanced by C<SUB>12 : 0</SUB>-LPC failed to occur due to the presence together of staruosporine, genistein, islet-activating protein (IAP) and propranolol. Neither was there any GAG synthesis which had been enhanced by C<SUB>12 : 0</SUB>-LPC and C<SUB>18 : 3</SUB>-LPC, due to these inhibitors except for propranolol. Phosphatidylethanol had no effect either on DNA or GAG synthesis. Depressed DNA synthesis by C<SUB>18 : 3</SUB>-LPC was not restored by IAP. The activation of adenylyl cyclase would thus appear unrelated to the depression of DNA synthesis.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(9), 977-984, 1997-09-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002273279
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4304463
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ