リゾリン脂質による皮膚のヒアルロン酸産生促進効果(第3報)ヘアレスマウスを用いたin vivo系による検討 Effects of Lysophospholipids on Hyaluronic Acid Synthesis in the Skin. III. The in vivo Study in Hairless-mice

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

コンフルエントに培養したヒト真皮線維芽細胞の系において, ある種のリゾリン脂質がヒアルロン酸の生合成を促進する作用があることを報告した。今回の試験では, ヘアレスマウスに対する大豆リゾリン脂質 (Soy LPL) とラウロイルリゾホスファチジルコリン (lauroyl LPC) の皮下注射によって Soy LPLは2800μg/mL, lauroyl LPCは1320~3080μg/mLの濃度で投与したとき有意にヒアルロン酸産生を促進する結果を得た。この時の有効濃度は, <I>in vitro</I>の試験における有効濃度の約10倍の濃度であった。Soy LPLの長期投与試験を試みたところ, 2週間の連続皮下注射後に皮膚のヒアルロン酸量は上昇したが, 4週間投与し続けるとコントロールと同じレベルに戻る結果となった。これはリゾリン脂質の刺激に対する, 生体の慣れの現象ではないかと推察された。安定して効果を発揮する2200μg/mLのlauloyl LPCを1回皮下注射した後, 皮膚のピアルロン酸量を経時的に観察したところ, 24h後にヒアルロン酸量は上昇したが, 48h後にはコントロールと同じレベルに戻った。この結果から, lauloyl LPCは早期に効果を発現し, 持続性はないことが明らかとなった。リゾリン脂質の皮下注射や長時間の塗布により皮膚性状に異常を来すことはなかった。以上のことから, リゾリン脂質は有用な皮膚保湿剤と考えられることが示された。

Certain lysophospholipids were previously shown to enhance hyaluronic acid production in confluent culture of normal human dermal fibroblasts. In the present study, hairless mice were given hypodermic injection of lysophospholipid derived from soy bean (Soy LPL) or lauloyl lysophosphatidylcholine (lauroly LPC). Hyaluronic acid production was noted to significantly increased at either 2800μg/mL Soy LPL or 13203080 μg/mL lauloyl LPC. These values were 10 times the effective concentration <I>in vitro</I>. Two weeks of prolonged administration of Soy LPL increased hyaluronic acid content in the skin, but the control level was resumed 4 weeks following injection. A living body would thus appear to naturally resist stimulation of lysophospholipid. After one hypodermic injection of 2200μg/mL lauloyl LPC, always noted to be an effective concentration, hyaluronic acid content in the skin was measured. At 24 h, this content had increased and at 48 h, the control level was noted. Lauloyl LPC would thus appear effective in early stages and its effect not to persist for a prolonged time. Abnormal skin appearance following hypodermic injection or prolonged lysophospholipid administratoin was not recognized. Lysophospholipids should thus prove effective as cutaneous moisturizing agants.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(9), 985-989, 1997-09-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002273308
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4304464
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ