グルコース-グルコースオキシダーゼ系とのカップリングによるペルオキシダーゼを触媒とするオレンジIIの退色 Peroxidase Catalyzed Decoloration of Orange II Coupled with Glucose-Glucose Oxidase System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

グルコースとグルコースオキシダーゼ (GOD) の存在下でホースラディッシュペルオキシダーゼ (HRP) を触媒とするオレンジIIの退色を検討した。GODを用いたグルコースの酵素反応の進行により生成した過酸化水素 (H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>) は, HRPの酵素サイクルにおける基質として連続的に消費された。グルコース-GOD系とのカップリングによるHRPを触媒とするオレンジIIの退色反応におけるオレンジIIの退色速度は, H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>を用いたHRPを触媒とするオレンジIIの退色反応の退色速度よりも低くなった。これらの退色速度の差は, GODを用いたグルコースの酵素反応で生成するH<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>濃度が反応時間とともに増大するという理由により, H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>の初濃度の違いの点から説明できる。酵素反応をカップリングするとオレンジIIの退色速度はpHやグルコースおよびGOD濃度に依存した。退色速度はpH 8.5-9.0の広い範囲で最大値を示した。グルコースおよびGOD濃度の増加に伴い退色速度は増大した。至適条件下でのオレンジIIの退色速度はオレンジIIの移染を防止するのに充分であった。

The decoloration of Orange II catalyzed by horseradish peroxidase (HRP) was examined in the presence of glucose and glucose oxidase (GOD). Hydrogen peroxide (H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>) formed during enzymatic reaction of glucose with GOD was continuously consumed as a substrate in the enzymatic cycle of HRP. In the HRP-catalyzed decoloration of Orange II coupled with the glucose-GOD system, the rate of decoloration Orange II was less than that in the HRP-catalyzed decoloration of Orange II with H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>. The different initial concentrations of H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB> may have been the reason for this, in that the H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB> increased with reaction time in the enzymatic reaction of glucose with GOD. In coupling enzymatic reactions, the rate of decoloration Orange II was dependent on pH and concentrations of glucose and GOD. This rate showed a broad maximum at pH 8.5-9.0. And increased with glucose and GOD concentrations. The decololation rate of Orange II under optimum conditions was sufficient to inhibit the transfer of Orange II.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(9), 999-1003, 1997-09-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002273332
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4304466
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ