Extrusion法による卵黄レシチンベシクルの調製とキャラクタリゼーション Preparation of Membrane Extrusion Vesicles of Egg Yolk Lecithin and Their Characterization

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

卵黄レチシンのベシクルをmembrane extrusion法によって調製し, 平均粒径と膜の多重度を動的光散乱法および蛍光プローブ法によって見積もった。蛍光プローブには蛍光標識リン脂質 (NBD-DMPE) を用いた。ベシクルの平均粒径はextrusion回数に伴って減少し, 孔径0.1μmのフィルターを用いたextrusionを10回以上行うと半径が約60nmのベシクルになることが確認された。この時, 一枚の2分子膜 (膜厚3nm) からなるユニラメラベシクルが形成していると仮定すると, ベシクルの外側にあるリン脂質の分率は0.53になるはずである。実験では, 全リン脂質中のNBD-DMPEのモル分率が0.3%以下の場合は期待通りに0.52±0.03になった。しかし, NBD-DMPE含量が高い (0.3%~1.0%) 試料では, 調製直後に測定された値は0.55~0.61となり, その後, 時間経過にともなってゆっくりと減少し, 約0.5まで低下した。<BR>以上の結果より, 1) 10回以上のextrusionでユニラメラベシクルが形成すること, 2) extrusionの過程では, NBD-DMPEはベシクルの膜の外側により多く分布する傾向があること, 3) extrusion後のベシクル中ではNBD-DMPEのフリップーフロップ運動が起こり, そのためNBD-DMPEは膜の内外に均等に再分布することが示唆された。

Membrane extrusion vesicles of egg yolk lecithin were prepared and their diameters and lamellarity were determined from dynamic light scattering measurement and the fluorescent probe method, respectively. The fluorescent probe lipid used was dimyristoylphosphatidylethanolamine 4-nitrobenz-2-oxa-1, 3-diazole (NBD-DMPE). The mean radius of the vesicles sharply decreased with the number of extrusions and became <I>ca</I>. 60 nm at more than ten cycles of extrusion through a 0.1 mm pore-size membrane filter. For a unilamellar vesicle with 60 nm radius and bilayer thickness of 3 nm, the external lipid fraction should be 0.53. The experimentally obtained value was 0.52±0.03 at a molar ratio of NBD-DMPE in total lipid less than 0.3%. At higher NBD-DMPE (0.3%1.0%), the external marker lipid fraction was 0.550.61 immediately following preparation and subsequently decreased slowly to <I>ca</I>. 0.5. It thus follows that 1) vesicles after ten cycles of extrusion are unilamellar, 2) NBD-DMPE becomes distributed in the outer layer of the lecithin bilayer during extrusion, and 3) flip-flop motion of NBD-DMPE occurs after extrusion, leading to even distribution of the marker lipid in the vesicles.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(9), 1005-1010, 1997-09-20

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

  • <no title>

    TANFORD C.

    The Hydrophobic Effect; Formation of Micelles and Biological Membranes, 2nd ed., 1980

    被引用文献2件

  • <no title>

    HUANG C.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA 75, 308, 1978

    被引用文献4件

  • <no title>

    Biochemistry 29, 52, 1990

    被引用文献1件

  • <no title>

    STANKOWSKI S.

    Biophys. Biochim. Acta 1025, 164, 1990

    被引用文献1件

  • <no title>

    WOODLE C. M.

    Methods Enzymol. 171, 193, 1989

    被引用文献1件

  • <no title>

    NEW R. R. C.

    Liposomes. A Practical approach, 1990

    被引用文献3件

  • <no title>

    日本化学会編

    コロイド科学IVコロイド科学実験法 343, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    DEVAUX P. F.

    Biochemistry 30, 1163, 1991

    被引用文献1件

  • <no title>

    GRUBER H. J.

    Biophys. Biochim. Acta 1189, 212, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    木下一彦

    蛍光測定-生物化学への応用- 88, 1983

    被引用文献1件

  • <no title>

    HOPE M. J.

    Biphys. Biochim. Acta 812, 55, 1985

    被引用文献1件

  • <no title>

    MAYER L. D.

    Biophys. Biochim. Acta 858, 161, 1986

    被引用文献1件

  • <no title>

    藤野安彦

    生物化学実験法9脂質分析法入門 129, 1978

    被引用文献1件

  • <no title>

    SMALL D. M.

    Handbook of Lipid Research Vol 4, The Physical Chemistry of Lipids, 1986

    被引用文献1件

  • <no title>

    RAND R. P.

    Biophys. Biochim. Acta 988, 351, 1989

    被引用文献1件

  • <no title>

    KORNBERG R. D.

    Biochemistry 10, 1111, 1971

    被引用文献4件

  • <no title>

    イスラエルアチヴィリ

    分子間力と表面力 第2版 370, 1996

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002273351
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4304467
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ