細胞毒性試験によるラウリルイミノジカルボン酸塩の毒性に関する評価 Evaluation of Toxicity of Lauryl-imino-dicarboxylate by Means of Cytotoxicity Test

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ラウリルイミノジ酢酸塩 (LIDA) は身体洗浄剤の基剤に使用される両性界面活性剤である。安定な二塩基酸であるため, 幅広いpHにおいて応用が可能である。本検討において著者らは動物実験代替法でDraize法と良い相関があるとされるNR法, WST-1法, 遊離LDH法および溶血性試験により, LIDAおよび他の界面活性剤の細胞毒性を評価した。また, 界面活性剤によるヒト表皮角化細胞の膜流動性の変化について, 細胞膜内の蛍光プローブの蛍光偏光を測定することにより確認した。LIDAとラウリルイミノジプロピオン酸塩 (LIDP) はいずれの方法においても低い細胞毒性を示した。膜流動性はラウリルアミノ酢酸塩 (LAA) とラウリルアミノプロピオン酸塩 (LAP) では明らかな変化がみられたが, LIDAとLIDPではほとんど変化がなかった。LAAとLAPによる膜流動性の変化は細胞毒性の発現に関連していることが示唆された。

Lauryl-imino-diacetate (LIDA) is an amphoteric surfactant useful as a base for human body detergents. Owing to its stable dibasic acid moiety, application is possible over a wide pH range.<BR>In this study, assessment was made of the cytotoxicity of LIDA and other surfactants by NR, WST-1, leakage in LDH and hemolysis. All those methods are alternatives to animal experiments such as the Draize test. Membrane fluidity change of human epidermal keratinocytes by surfactants was detected by polarized light measurement of probe molecules in the cell membrane.<BR>LIDA and lauryl-imino-dipropionate (LIDP) showed low cytotoxicity in all cases. Membrane fluidity scarcely changed for LIDA and LIDP, whereas for lauryl-amino-acetate (LAA) and lauryl-amino-propionate (LAP), change was quite clear. The change in fluidity by LAA and LAP may have been related to the induction of cytotoxicity.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(9), 1011-1018, 1997-09-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  44件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002273369
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4304468
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ