非イオン界面活性剤によるp-ヒドロキシ安息香酸アルキルの可溶化特性(第1報) Solubilization Behavior of p-Hydroxybenzoic Acid Alkylesters with Nonionic Surfactants. I.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

非イオン界面活性剤による<I>p</I>-ヒドロキシ安息香酸アルキル (パラベン) の可溶化特性を平衡透析法を用いて検討した。その結果, 界面活性剤のモル濃度が増加するにつれてR値 {パラベンの (総量/遊離量)} は, 直線的に増加した。さらに, その直線の傾きと界面活性剤のHLB との間に一次関数の関係が認められた。

The solubilization of alkylparabens with non-ionic surfactants was examined by equilibrium dialysis. The <I>R</I> value (Total amount of paraben/Free amount of paraben) increased linearly with the molar concentration of surfactant (<I>C</I>). Futhermore, the relationship between the slopes of the <I>R vs. C</I> lines and HLBs of the surfactants was represented by a linear function.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(9), 1023-1025, 1997-09-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002273430
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4304470
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ