魚介類の脂質区に出現する有毒成分の性状と起源 Chemical Structures, Toxicology, and Biogenetic Origins of Marine Toxins Occurring in Lipid Fractions of Marine Fish and Shellfish

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

魚介類の脂質区に出現する有毒成分は関与する中毒のタイプによって, 下痢性貝毒, 神経性貝毒, シガテラ魚類中毒に3分される。下痢性貝毒の主要成分のオカダ酸とその類縁体は渦鞭毛藻の<I>Dinophysis fortii</I>によって生産され, タンパク脱リン酸酵素2A型を阻害し, 強力な発がん促進物質である。神経性貝毒は渦鞭毛藻 <I>Gymnodinium breve</I>を起源とし, エーテル環がはしご状に連結した骨格を特徴とする。シガテラ原因毒のシガトキシン類は渦鞭毛藻<I>Gambierdiscus toxicus</I>を起源とし, 同じくはしご状のエーテル環骨格を有する。神経性貝毒とシガテラ毒は電位依存性のナトリウムチャンネルを活性化する。いずれの毒も高度に酸化され, 強力な毒性を有し, 分子量が大きい。これらの毒の化学的あるいは生化学的定量法を紹介する。

Marine toxins occurring in lipid fractions are responsible for three types of seafood poisoning : diarrhetic shellfish poisoning (DSP), neurotoxic shellfish poisoning (NSP), and ciguatera fish poisoning. The major toxins in DSP, okadaic acid and its derivatives, originate from the dinoflagellates <I>Dinophysis</I> spp. The toxins inhibit protein phosphatase 2 A and are potent tumor promotors. Brevetoxins implicated in NSP are produced by the dinoflagellate <I>Gymnodinium</I> breve. The toxins are characterized by contiguous ether rings arranged in a laddershape. Ciguatoxins responsible for ciguatera originating from the dinoflagellate <I>Gambierdiscus toxicus</I> are also bear a ladder-shaped cyclic ether skeleton. Both brevetoxins and ciguatoxins potentiate voltage gated Na channels. All these toxins are highly oxygenated, extremely toxic, and possess high molecular weights. Chemical and biochemical methods for determining the toxins are described.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(10), 1065-1073, 1997-10-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  31件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002273440
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4324206
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ